[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]

[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]

3750円

[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]

[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]:私たちのライターや編集者は、どの企業が私たちのビジネスチームと提携関係にあるかを認識したり影響を受けたりすることはありません。 【正規販売店】,激安価格の,【sale/96%off】[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品] 忍者ブログ
HOME Admin Write

ダクソ攻略メモ*よるた*

ダークソウルとブラッドボーン攻略で初心者向けステ振り・武器。 RO支援ジュデックスABの狩場・ステ・装備。 ゲーム感想。

ダークソウル3の攻略記事へのリンクを張っていきます。

ダクソ2のように、ビルドや武器などの情報が主です。

使用感なども記載していきたいです。

発売日後一ヶ月くらいで更新する予定です。



おすすめ武器とステ振り

*魔法型(魔法剣士&純魔)のススメ

*技量剣士のススメ

*脳筋(筋力特化型)のススメ

*上質騎士(筋力技量バランス型)のススメ

*アンバサ(信仰戦士)のススメ








ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

上からオススメ順です
主観多々。世界観重視。
厨二ファンタジーと美男美女が好き。

【個人的な神作品】
*ICO(Act,PS2等)
*風ノ旅ビト(Act,PS3)
*rain(ADV,PS3)
*Demons&DarkSouls(Act,PS3)
*DarkSouls2(Act,PS3等)
*ラストオブアス(TPS,PS3)
*428(ADV,PSP等)
*シュタインズゲート(ADV,PS3等)
*空の軌跡,零の軌跡(RPG,PC等)
*ペルソナ5(RPG,PS4)
*ジルオール(RPG,PS2等)
*幻想水滸伝1-3(RPG,PS等)
*シャドウハーツ1&2(RPG,PS2)
*月下の夜想曲(Act,PS等)
*Ysシリーズ(ARPG,Vita等)
*逆転裁判(ADV,DS等)
*キングダムハーツ(RPG,PS2等)
*GTAシリーズ(TPS,PS3,ceroZ)
*ウィッチャー3(RPG,PS4,Z)
*スプラトゥーン(TPS,WiiU)
*華アワセ(乙女ゲーム,PC)


【個人的な秀作】
*ホライゾンゼロドーン(Act,PS等)
*FF5(RPG,SF)
*DQ5(RPG,SF)
*モンハン2G(Act,PSP)
*デビルメイクライ4(Act,PS3)
*アサシンクリード(Act,PS3,Z)
*アンチャーテッド(TPS,PS3)
*IQ(パズル,PS)
*TRICK&LOGIC(ADV,PSP)
*零~zero~(ADV,PS2)
*零~濡鴉の巫女~(ADV,WiiU)
*SIREN(Act,PS2等)
*ぐるみん(Act,PSP&PC)
*ダンガンロンパ1&2(ADV,PSP)
*プロジェクトディーバ(音楽,etc)
*龍が如く4(ADV,PS3)
*東方・紅魔城伝説2(Act,PC)
*式神の城(Stg,PS2)
*ペルソナ4(RPG,PS2等)
*大神(RPG,Wii等)
*ニーア・レプリカント(RPG,PS3)
*メタルギアソリッド(Act,PS等)
*dokuro(ADV,Vita)


【個人的な惜作】
*仁王(Act,PS4)
*三国無双7(Act,PS4)
*FF15(ARPG,PS4)
*閃の軌跡Ⅱ,,③感想,,⑤キャラ,,,⑧クリア後の解釈(RPG,PS3)
*絶対絶望少女(Act,Vita)
*ジルオールゼロ(Act,PS3)
*ブレスオブファイヤ5(RPG,PS2)
*ドラッグオンドラグーン3(ARPG,PS3)
*エスカ&ロジーのアトリエ(RPG,PS3)
*FF13-3ライトニングR(RPG,PS3)
*テイルズヴェスペリア②感想(RPG,PS3)
*Tree of Savior(ARPG,ネット)
*ECO(RPG,ネット)
*タルタロス(ARPG,ネット)
*歴史物(小説・漫画)

独自性、戦闘操作性、快適か
ストーリー、キャラ、デザイン
音楽、画質、難易度で評価


【プレイ日記】
★スクエニのゲームの感想
*いけにえと雪のセツナ
(1), (2), (3), (4), (5)
クリア後の感想
Amazon工作疑惑

★任天堂ゲームの感想
*スプラトゥーンの日記
S以上・96凸ギア立ち回り戦略
おすすめ武器
C-, C, C+, B-, B, B+, A-, A
マップざっくり考察

★ファルコムゲームの感想
*東京ザナドゥの日記
ネタバレは少なめのつもりです
1話, 2話, 3話, 4話, 5話,
幕間, 6話, 7話, 最終話
クリア後の感想

*閃の軌跡Ⅱ
*,,③クリア後レヴュー,,
⑤キャラ,,,⑧クリア後の解釈

*その他
*空の軌跡,零の軌跡
*Ysシリーズ
*ぐるみん


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

「ハートの国のアリス」シリーズ感想と考察

スペードの国のアリスの公式ホームページ立ち上がりましたね♪
スペアリ全力待機組として、シリーズの感想とキャラ語りをしたいと思います。
ハート→クローバー→ダイヤと、シリーズをプレイした雑感です。

個人的には、エース>グレイ>ナイトメア>ブラッド>ボリス>ユリウス…の順で好きですかね…、2次元の男の価値をベッド上の野獣度で測る女です…。
キャラ感想の文章量がブラッドとエースが長くなり過ぎて他キャラ書く余裕がないレベルです…。

にわかですみませんが、全作で√クリアしているのはエース、ナイトメア(ユリウス、グレイ)のみです。おもちゃ箱未プレイです。…うーん、時間が欲しいっ(´;ω;`)
スペードまでに主要キャラはクリアしたいです。




シリーズのタイトル別雑感
(ネタバレほぼ無し)
(未プレイの方へシリーズの紹介)

(0)初心者向けタイトル
ハトアリシリーズは数が多く初心者にはどれをプレイすべきか悩む作品だと思います。
時系列順は<起>ハート→<承>クローバー→(<番外>ジョーカー)→<転>ダイヤ→<結>スペード、です。

①ハートの国のアリス
今からプレイするなら『新装版 ハートの国のアリス』(PSP)というソフトがお勧めです。Vitaの新装版も内容は同じですが、中古価格が高騰しているので、やや価格が落ち着いているPSPがお手頃だと思います。(時価4000〜5000円程度)。
それぞれのキャラにホームとビジターの2種類のルートがあり、作業なしの読み物となっており、お手軽に楽しみやすいです。といっても、100時間以上の大ボリュームです。
ハートの国には、「ツイン」というファンディスクがあります。
②クローバーの国のアリス
中古相場からオススメしやすいのはオリジナル版のPSP『クローバーの国のアリス』です。PC版はバグが多いらしく、サポートも期待出来ないのでやめておいた方が良いと言われています。
③ジョーカーの国のアリス
ジョーカーはオリジナル版しかありません。こちらもハートとクローバーと合わせて、同じPSPにしておくと遊びやすいと思います。
オリジナル版は単調作業が多いですのでプレイ時間がかなり掛かります。
「おもちゃ箱」というファンディスクがあります。
④ダイヤの国のアリス
ダイヤの国は、新デザインでかつ、読み物形式の作品がオリジナルなので、新装版しかありません。新装版とタイトルにつきませんが、形式的には新装版です。
そして、ダイヤの話は2タイトルに分かれています。攻略キャラによってダイアリ(前編)とミラアリ(後編)の2つのゲームが出ています。
正式名称はややこしいですが、『ダイヤの国のアリス wonderful wonder world』(PSP)と『ダイヤの国のアリス wonderful mirror world』(PSP)の2つになります。攻略可能なキャラが異なるので好きなキャラがプレイ出来る方を遊べば良いと思います。
⑤スペードの国のアリス
Switchでオトメイトから発売予定です。スタッフは概ね新装版のメンバーらしいです。此方も2タイトルに分かれて攻略キャラが異なります。

⑴ハート(新装版)&ツイン
私がプレイしたのは新装版のPSPです。シリーズ通してですが、冒頭が冗長で新規プレイヤーがゲームを面白いと思うまでに時間がかかるのがやや難点かと思います。
それでも、ハトアリだけでもシリーズ全体の世界観が掴めるように出来ているので超オススメです!合うか合わないか分からない方は、とりあえずハトアリで1キャラだけでもクリアしてみては如何でしょうか?
11キャラ(10?)それぞれに、ホーム√とビジター√があり、兎に角ボリューム満点なので、値段が高騰気味の現状でも充分にお買い得なソフトだと思います。
更に、ツイン√を入れるとハートの国だけで3タイトル分のストーリーが詰まっているので、他の乙ゲの追従を許さないレベルにボリュームがあります…。

起承転結の起の部分。出会って早々の初々しい関係性が描かれて、キャラの重さよりも、エロさや純朴さなど恋愛の甘い部分に焦点が当たっていると思います。
時間が足りない方にはハトアリのホーム√だけでも推します。特にブラッド→エース→(ペーター)→(ボリス)→ユリウス→ナイトメアくらいはホームをクリアしておかないとシリーズの世界観自体が掴みにくいかなと思います。時間が惜しければビジター√やツインはプレイしなくても話にはついていけます。
私はエースのビジター√が好きでした(汗;)

⑵クローバー(新装版)
新装版発売直後に倒産したので…世にソフトが出回っておらず中古価格が高騰中です。一般的にクローバーは旧デザイン品で充分ではないかと言われています。
というのも、クローバーはハートと比べても心理描写が多めとなっており、悪く言えばやや展開がゆっくり…ちょっとダレ気味です。シリーズの中でも甘さ控えめなんですよね…。スペアリを楽しむ為にシリーズをざっくり把握しておくだけが目的ならばクローバーはそこまで丁寧にやり込んでおかなくても話にはついていけます。ハートのホーム√と、ダイヤの方がストーリーは濃いと思います。起承転結の承の部分ですが、ハートとダイヤの繋ぎ的な役割の強い作品かなと感じました。ただ、クロアリをプレイしないと引っ越しが分からないというのと、ユリウス不在やナイトメア&グレイ実在の世界が分からなくなってしまうので、発売順にハートの次はクローバーをプレイした方が良いと思います。

個人的にはグレイはクロアリがカッコ良いと思うし、ナイトメアもまた身近で等身大となっているので、塔の主従が好きなら大金出す価値はあるのかなと思います。ペーターもハートとクローバーしか居ないのでペーター好きも買いかもしれません。ブラッドはクロアリの√もけっこうサービス満点なのでブラッド好きにも出来れば新装版を推します。
ユリウスが最萌えだとユリウスが出ないので…安い旧版でも良いと思います。
エース推しやボリス推しの方は特に新装版でないと萌え逃すって事もないかな〜と思います。私はエース最萌えで新装版を選びましたが、結果的には新装版で揃えて正解だったと思います。が、エースとボリスはクローバーではサービス展開が少なめなのでそこまで美味しいスチルがあるわけでもなく…無理をしてまで揃える程の内容ではないとは感じます。グレイがエロいっす〜( ´∀`)

⑶ジョーカー&おもちゃ
これだけは新装版がないので旧デザインで揃えざる得ません。PC版はバグが恐ろしいそうなのでPSP版の方が無難と思います。
ただ、ジョーカーをプレイしないとダイヤが理解出来ないかと言うとそうでもないように思います。ダイヤの国ではアリスがジョーカーの事を忘れているのでユーザーがジョーカーを必ずしも知っていないと分からない程ではないです。
ただ、ジョーカーはプレイ可能なキャラが多いですので、お買い得なお話だと思います。ユリウスもゴーランドもピアスも、ナイトメア&グレイも実在して、ジョーカーまで出てくるし、ペーターもビバルディも居る…と大ボリュームです。
更に、ストーリーの掴み易さや泣きゲーとしての盛り上がりがあるのはダイヤ(転)の方だと思いますが、次にストーリーに深みがあり分かりやすいのはジョーカー(番外)かなと思います。クローバー(承)が細かい心理描写が多めで複雑になっている分、ジョーカーで分かりやすい表現で補足されている印象を受けます。

⑷ダイヤ&ミラー
スペードを楽しむ為にはおそらくダイヤの国はプレイ必須だと思います。
少なくともミラアリのエース√とナイトメア√をプレイしておかないと、ハトアリシリーズの世界観を理解出来ないと思われます。ミラーでも良いのでジェリコ√もオススメです。
久々にユリウスが攻略可能なのでユリウスファンにも推します。グレイ好きにも登場作が少ないので良いと思います。
金銭的や時間的に苦しければ、ノーマルダイヤの方は切っても大丈夫かもしれませんが…帽子屋ファミリーが好きなら攻略可能なノーマルダイヤの方が楽しめると思います。
スペードのホワイトをプレイするならノーマルダイヤも必修かもしれませんね。




総論と考察(ネタバレ注意)
❶この作品ですが、コンセプトの一つ目として『恋はするものではなく、落ちるモノだ』という考えがあるように思います。どんなに理屈で考え駄目男だと避けようとしても落ちてしまう麻薬のような恋愛の魔力を描こうとしているのかな、と感じます。舞台は非現実なんですが、関係性は自然な進展で、「あるある」の恋愛模様かなと思います。
しかしながら、一般の乙女ゲームで描かれる女子が憧れる恋愛の正しい手順を踏んだ話は殆どないですね。まともに告白してきたり愛を語ってくるキャラはほぼ居ません。まあ現実の男女の恋愛でも告白から始まる恋は殆どないとは思いますが…(笑)お見合いとか、一目惚れくらいですよね、告られても嬉しくもない眼中にない相手とか…;

あとは、吊橋効果のハラハラ感、が散りばめられています。刺激的でエロいです!

❷特徴の二つ目は『替の効かない』、無意味ではない『特別な存在』を目指すというもの。
ルールに、「領土争い」だったり、「定期的に撃ち合う」とか「催し物」もありますが、この辺のルールもスペードで回収されるんでしょうか。
無意味に繰り返される時間の中のゲームが終わる時というのはどういう場合でしょうか?
替の効かない人生の伴侶を定めた時に恋愛ゲームが終わるのかもしれません。もしくは、恋愛自体を諦めた時か、ですかね。

❸特徴の三つ目として、(恋愛)ゲームの世界だという事があります。ハートを奪い合うゲームです。心臓は壊れても修理されると復活します。恋愛ゲームを何度もやり直す事が出来ます。銃弾飛び交って心臓を射止めたら勝ちという事でしょうか…。恋愛はゲームだという定義で、惚れたら負け、惚れさせたら勝ち…という事ですね。そういう考えの人と世帯を築く気にはなりませんが(笑)。
余所者は誰にでも好かれるという(恋愛)初心者ボーナス付きですが、ゲームに馴染んでいくと次第に効力は失われていく様子です。
惚れられたら惚れ返されないと心臓を壊されちゃうという事でしょうか…。
恋愛を繰り返すと、命のやり取りに無頓着になり…、恋の終わりに無頓着になる…、機械人形のように恋愛を繰り返すようになっていくという事でしょうか。

この作品の主題として、『ゲームや夢に逃避しないで、現実で堅実に生きろ』というメッセージ性があるように私には感じられます。「逃避する罪悪感」と「衝動本能(二次元萌え)」との闘いを描く物語です。まさに乙女ゲームユーザーそのものですね(笑)。
アリスは失恋の恐怖から、苦しみを伴う現実での恋愛を諦めてゲームの世界に逃避します。そこでは無条件に好かれます。しかしながら繰り返されるゲーム世界では本質的な幸せは約束されない。居場所を決めなければ、逃避の罪悪感と目の前の快適さとの間へと迷い込んでしまいます。ゲーム世界に馴染んでしまうと特別な心を失い、機械人形になってゆきます。「現実」=「悪夢」を選ぶか、ゲームに居場所を得るか、どっちを選んだエンドも恐らくメリーバッドエンドになると考えられます。その他の選択肢があるのか、スペードがとても楽しみです!

一方で、乙ゲジャンルの中でもストーリーのボリュームは最長レベルで、全編のプレイ時間は1000時間は軽く越えると言われています。更には、全ルートに満遍なく散りばめられた伏線、オリジナルは作業量も非常に多く…、まさに「永遠に繰り返される終わらないゲームの世界」を体現しています。その世界には異なる時間を刻むキャラクターが各々の特異な恋愛観を魅せてくれます。

❹特徴の四つ目は、『命の有限さ』というテーマがある事。ハート=命、という設定から命に関するストーリーが多くなっています。ここでいう命は「ゲームの世界の命」なんで、「恋愛心の有限さ」=「無常観」に近い意味合いかもしれません。こういった壮大なテーマを扱う事でハトアリは他の乙ゲと一線を画したストーリー性のある物語へと昇華されていると思います。
「恋愛への憧れを描かない」ので、常に終わりを意識した恋愛になるんですよね…。ブラッド√ではさすがにメインルートというべきか子育ての話が出てきます。

一方で、このゲームの世界では定期的に『引っ越し』が起こります。なので、めでたくカップル成立したとしても引っ越しで弾かれたら離れ離れになる可能性が常にあるという事になります。という事は、シングルマザーで子育てをする覚悟が要求される世界という事になり…、これが(ユーザーの)恋愛観にも大きな影響を与えてきそうです。助け合いに期待ができない世界なので、刹那的な恋愛観がメインとなってきてしまいます…。
例外としては並行世界を渡り歩ける「役人」であったり、「ドア」や「汽車」…、「チェシャ猫」や「夢魔」の能力でしょうか…。迷っている状態では使えない能力のようですが…。
「始まる前から終わりを待ってる」「嘘さえつかないなら何をされてもよい」というテロップがPVに入るんですが、どうも恋がそのまま続くという展開が無さそうに感じます。所帯を持って子供を育ててという未来が見えない刹那的な関係性に思えます。

繰り返される命にも死人という終わりが訪れるそうです。ユリウスとジェリコに共通するもの…、それは「諦め」「無関心」に思えます。相対するモノはブラッドなどのハングリーさだそうです。アリスのもう恋愛はこりごり、という心理と共通しているように感じます。この世界の終わりは恋愛をする事自体を諦めた時に迎えるものなのかもしれません。
「死」は無数にある可能性の並行世界による「多数決」で決まるそうです。いくつもの時間で経てきた恋愛が半数以上終われば死が確定する…。若さという有限の財産を使い切った時に恋愛は始められなくなる…という感じでしょうか。

❺五つ目として、「迷わない」為には、『居場所を決めなければならない』という事。無数にある可能性から自分の「時間」(=キャラ)を自分で決めなくてはいけません。選ばなかった過去は忘れなければいけない。しっかり忘れられれば幸せになれるんだそうです。これはつまり、忘れさえすれば罪はなくなるという事なんでしょうか?
このルールですが…これは真理だなあと思います。私も自分の人生の中で、デートに誘われたり、告白されたり、付き合ったり、結婚したり、喧嘩したりと様々な機会に実際に迷ってきました。もっと自分には別の人生があるんじゃないかと…。でも、何処かで運や偶然が多数にあったにしろ現状がそこそこの選択肢だったと自分を納得させるしかありません。子供が出来ちゃえば悩む事自体が申し訳なくなるので、まぁ、普通の人はその時点が「居場所を決めた」状態なのかもしれません。

ってか、正直アリスが何を迷ってるのか未だによく理解していません。現実の状態が明言されないというのもあるんでしょうが、お姉さんが亡くなった事で何を気に病んでいるのか…。何が罪なのか…。
アリスがお姉さんを殺したってわけではないんですよね?元彼とお姉さんが結婚した後で、昔の関係性がバレて自殺されたって事でもなさそうですが…お姉さんは母と同じ病死らしいので。婿養子をとって家督を継ぐ責任があるとかそういう関係でしょうか?妹も居るようですが。
「誰が誰を追い詰めたのか。」とか言ってるんで、アリスは自分が死まで追い詰めたと思っていそうです。

❻コンセプトの六つ目として、『過去のトラウマ(心)を描く』というものもありそうに感じます。ハート=心=時計=時間、という設定もそのテーマを浮き立たせていますし、発売時期にちょうど男性向けではヤンデレが流行っていた時期でしたので、女性向けに「ヤンデレ」を描いてみようという意欲が垣間見れるかなとも思います。
今気付きましたが「トラウマ」という単語はミラアリのナイトメア√で出てきますね。ダイヤが起承転結の転であるなら、スペードではそこに対する結論が示されるのだろうと思われます。
キャラの「過去」(トラウマ)は繰り返される時間の外にあるらしいです。役持ちの前は元余所者だったり元役なしだったりとキャラによるそうです。
「心臓」は「失ったものを取り戻させてくれる」気になるんだそうです。つまり、どんな経過であれ全員は元々は余所者だったという事なのでしょうか?
この世界の住人には「ハート(心)」が無い。あるのは機械仕掛けの「時計」だけ。だから、「ハートが奪われたら帰れない」の意味はこの世界に馴染んで心臓が時計になってしまったら命を失う事になりゲームの世界の住人になる、遂には人間として元の世界には戻れない、という事でしょうか?特別な存在にはもうなれない。奪ったキャラは元の世界に戻る権利を得るのでしょうか?
更にはアリスの「迷い」は「過去」なのだそうです。
ジョーカーとエース曰く、この世界の住人はみな「狂っている」。それは心がないからか、過去を忘れたからか…、私には皆が皆、過去に囚われて性格が極端に歪んでしまったように思えます。

❼七点目として、このゲームでは「役割」「役持ち」「役なし」「役人」…と『役』という単語が頻出します。
ハトアリシリーズは、この「役」が何を象徴しているのか…をプレイヤーに考えさせる物語だと思います。
私は個人的には、「男女がお互いに相手に意味を見出し、依存する関係性」を描いているのではないかと考えました。私は乙女ゲームを語る上でよく「恋愛はエゴのぶつけ合いだ」と持論を挙げますが、そういった相互関係がハトアリのメインテーマの1つではないかと思うようになりました。

誤解を覚悟で極論を申すと、一般の乙女ゲームでは恋愛への憧れが主題となる為、男性側から女性へと与えるモノは多いですが相対的に女性から男性へと与えるモノが少なく描かれています。なので、捻くれた私なんかがプレイすると、この男がこの女の何処を評価して人生の相方に選んだのかサッパリ理解出来ない、とかいう感想になってしまう事があります。
ハトアリはどちらかというと女が男に与えるメリットの方が多めに描かれているように感じます。
「余所者が無条件に好かれハートの奪い合いをするゲームの世界」というルールもその1つですし、他にもアリスの貞操観念が低いという点もあります。そもそもどのキャラもクセが強く性格が悪いんで、理想のイケメンではないんですよね(笑)。

クローバーのナイトメア√だったと思いますが、アリスがこの人には私が必要だ、私にも役割があると思える、私に居場所を与えてくれる、ような事で自分がナイトメアを選んだ理由を分析しています。グレイの事を母親だと揶揄するクセに自分も母親のような立ち位置で安心感を得ている様子が描かれているかなと思います。

・例えば、ブラッドとアリスの関係性は「興味深さ」「面白い」というポジティブな感情によるものです。エンターテイメントの一環として恋愛してるので、男女関係も一つの快楽として描かれています。人生の楽しみを見出すって点ではマトモな恋愛な方かなと思います。
エリオットも双子も「ファミリー」、家庭観に焦点が当たってるかなと思います。

・例えば、エースとアリスの関係性は「迷い」、人生の悲哀、絶望感というネガティブな感情によるものだと思います。「この人の後ろにある暗く大きな穴に引き摺り込まれてしまう」とか「一緒に落ちるだけ」とかアリスは散々な比喩を用いて評価しています。「変わることがそんなに大切かな」と過去に囚われる事にすら意義を見出しているように感じます。でも、二次元に限ってはロマンチックだなあと個人的に思います。物語は問題提起がないと盛り上がりに欠けて意味のないモノになってしまいます…。快楽逃げって感じですかねー、めっちゃエロいなあって思います。

・ユリウスとアリスの関係性は消極性ですかね…。お互いに人生を悲観して達観して無難に大人しい生き方に満足したい…という人生観の「類似性」に安心しているように思えます。

・例えば、ナイトメアとアリスの関係性は互いに必要とし合えて自分の居場所を確信出来る「安心感」だそうです。ってか、病人介護でしょって思いますが…。あとはバカ正直な素直さや素朴さに安心するんですかね。「見たくないモノが悪夢」というので、忘れるか乗り越えるかしないと悪夢は追ってくるものなのかもしれません。

・グレイとアリスは何でしょう…。快楽「堕ち」ですかね…。普段がストイックだからかな。相手を信じきれない「不安感」も共通している気がします。顔も性格も地位もイイ男すぎると大変ですよね…。グレイ√はマリオネットエンドが怖いです。

・ボリスとアリスは相互依存というか執着愛みたいな印象があります。居場所のない寂しさみたいなモノでしょうか。距離感というモノがテーマかしら。まさに「猫」、本能的で我儘気儘な恋愛観だと思います。




①『ブラッド』
シリーズのメイン攻略キャラ。
アリスの元恋人と同じ顔。

他キャラと比べても、容姿がアリスのストライクゾーンらしく、地の文でも登場シーンから主人公が男性として意識している事が伝わります。アリスは他の男性には恋愛感情を認識するのが遅いので、ブラッド√が一番普通の「乙女ゲーム」っぽさがあって、プレイし易いルートかなと思います。手が早いですが(笑)
権力もお金もあり、策士で処世術も確立しており、しかも√後半はアリスに夢中というかけっこう尻にも引かれてくれます。結婚エンドが多いし子供も欲しいみたいで、ハトアリ世界の中では理想的な旦那に近いのではないでしょうか?(あくまで癖の強い他キャラと比較しての消去法ですが(大笑))

欠点の1つ目は、服装のセンスが悪い事!なんで薔薇の帽子????
欠点の2つ目は、紅茶党でコーヒー嫌い。私も紅茶好きなんですが1ヶ月に1回くらいはコーヒーブレイクしたい!コーヒー如きに文句を言われるのも面倒です。
一番大きな欠点だと思うのは、束縛が強い事。独占欲で行動制限してくる男は私はリアルだと無理です。2次元だと笑えるんですけどね。

長所の1つ目はエロい事!手を出してこなかったという元恋人をそいつは気が狂ってると一刀両断の潔さ!世の男女の生業としてはごもっともなんですが、少女向けの乙女ゲームのメインキャラの言い分としては攻めてるなあと…(^-^)これだけ男性っぽく、野獣のように攻めてくるキャラって乙女ゲームだと意外と稀少なので(ロゼ品を除くと)、ブラッドはそういう意味では健全でまさに恋愛が描かれているなあと思います。

2点目は、早い段階で「身体関係」では一線を超えてしまい、顔よし金権力あって愛してくれる…と恋愛絡みの概ねの問題を中盤に解消してくれるので…、その分√終盤に「心の交流」「生活観・家庭観」の描写が増えてくる点が良いと思います。他の乙女ゲームで描かれ難い恋愛の本質をついてくれると思います。理想の恋愛と現実の恋愛とのギャップを埋めようとする視点が面白いです。

例えば、アリス自身が他の男じゃなくて何故ブラッドを選ぶのかを自問自答してるシーンも多い。顔も好みで、服装センスは変だけどその分自室で普通のシャツ姿でドキってして、自分の好みである事を再確認してたりしてます。その反面、元恋人の無難さと比較して、ブラッドがどれだけアリスに惚れ込んで大切にしてくれてるかも伝わり易い。
ブラッドはファミリーの中にアリスの居場所を確保しようとして配慮してくれるんですよね。嫁姑問題というか…ちょっと違いますけど、エリオットや双子や顔なし使用人との関係性にまで気をつかってくれる描写がしっかり「恋愛」を描ききってると感じました。

長所の3点目。こちらは世界観のスケールになり、スペードでどういう展開になるか分からないのでまだ語りきれない話題ですが、ぶっちゃけるとシリーズの主題となりそうな『器を重視するか、中身の独自性に愛着を向けるのか』問題。エース&ユリウスの関係性とエリオット&ブラッドの関係性との比較です。帽子屋屋敷組は「心」にオンリーワン性を求めますよね。
どちらかというとエース√で描かれているテーマなので、いざとなった時にブラッドがどう行動するかは不明な点が多いです。ただ大前提の設定としてブラッドはエリオットに約束をしています。エリオットの時計が止まったら役人の手に渡る前に時計を壊す、という契約でブラッドはエリオットの忠誠心を維持しています。
こういった設定を踏まえると、ブラッドはアリスが別の存在になった時にも壊すんでしょうか?そう考えれば、私にはブラッドとエリオットもある意味刹那主義のようにも思えます。でも命は一個でその限られた人生を最大限に満喫する事を信条としているならば、おそらくマトモに近いのは帽子屋屋敷組なんですかね〜。
少なくともエースは自分とユリウスの依存性をマトモじゃないと本人も認識していると思われます。それでエースは迷子になるし、ユリウスも仕事中毒になってるんですね。そういう点は私には悩み続けて苦しむエースもユリウスもある意味とてもピュアで誠実だと感じます。
それに反してブラッドもエリオットも迷わない。自分の生き様に自信があるんです。その強さはカッコ良い美点であり生きるに必要な強さだと考えられます。しかし同時に、悩んでも仕様のない苦しみに囚われている時計塔組の弱さと比較して、必要悪だとは解りますがある意味では残酷なのかなとも感じます。

ブラッドは元恋人の「代わり」にされる事を嫌がります。ゲームの世界は全てが無意味で替がきく。「替の効かない」ものになりたいとブラッドは言います。
だから、ブラッドは奇抜な格好をして、奇抜な話し方をして、組織のボスを一生懸命にこなして(少なくともハートの女王や、ナイトメアや、ダイヤの女王たちより真面目に領土の主をしている)…、兎に角「特徴的」で「印象に残る」キャラクターを目指しているように感じます。
エースやナイトメアやペーターのように、唯一無二レベルにキャラ立ちしている程ではないですが、乙女ゲームの許容範囲のギリギリまでクセのあるキャラというのがブラッドの設計コンセプトのように感じました。

あと…、ハトアリ冒頭から私が勝手に妄想している事ですが…、ブラッドはアリスの元恋人なのではないかとも思っています。あの時はすれ違った気持ちが、挫折を経て現実の外で結ばれる…っていう展開はロマンチックで良いんじゃないかなーって考えてます。
って仮定すると、ロリーナお姉さんもゲームの世界に居るのでは…って思います。ビバルディはブラッドの姉だそうで顔もお姉さんと似てはいなそうです。現状可能性があるのはアリスが忘れかけた状態で出会ったクリスタくらいですかねー。
となると、お姉さんと同じ死因らしいお母さんもこの世界に居るのかなとか考えてしまったり…。




②『エース』
ハートのないハートの城の騎士。
おそらく裏のメインヒーロー格。
ハトアリの真相はユリウス√やナイトメア√の方が近いですが、ミラアリまでのシリーズ全体ではエース√が世界観の掘り下げを深めてくれます。
あまりに癖が強いので語り尽くそうとすると長くなるので、総論だけ書きます。

一般的に、ミラアリのエース√は評判が良いです。エースは腹黒で気狂いのヤンデレなのでかなーり人を選ぶキャラです。ハトアリやクロアリではエースの性格が苦手だという人も多いです。にも関わらず、ミラーのストーリーでエースが好きになったという声が多いです。私はハトアリ序盤からエースにどっぷりハマっていたので参考にならないかもしれませんが、エースのストーリーは超良いと思います!
絶対的な「孤独」に悩み苦しむエピソードで心を通わせ、一時の慰めと知りながら切なさを紛らわせる為に触れ合いを求めていく…。コレはまさに男女の恋愛だなぁとユーザーまで絆されていってしまいます。

エースは常に『迷子』になるという変わった特徴を持っています。なかなか他の物語にもない非常にオリジナリティの強いキャラクターだと思います。
シリーズを読み進めて少しずつその詳細が語られていきます。ハトアリ序盤から一貫しているのは、エースは「迷い続けている」という事。ユリウスとの関係性が単に「仲が良いお友達」という表現では足りない程の縁があるらしいという事。
ハトアリのホーム√で既に腹黒く、病みがみえてくるエースですが、クロアリでユリウスが居なくなりエースは不安定さを露呈してきます。アリスの評価がもう酷い(笑)「あなたは普通じゃない」とか「心の病気だと思ってる」とか「私を幸せにしない人」「いつか突き落とされる」…。「それでも放っておけない」と、ダメ男と理解しながらアリスは絆されちゃうって恋愛構図ですね。

エースの迷いの原因が、ユリウスの死に関連した問題である事はミラアリをプレイすると理解してきます。
ユリウスを死ねないようにしたからなのか、ユリウスを守れなかったからなのか、ユリウスがその役目に縛られているからか、別のユリウスを殺したからか、それでもいつかは個が消えていくからか、エリオットとブラッドは全く違う道を選んでそこそこ充実してそうだからか、二重の役目を背負ったからか、自分の依存が異常だと理解しているからか、世の摂理が自分の望みとは異なる悲しみからか……、エースは本当に色んな事に悩んで苦しんで、哀しんで、迷い続けているんだという事は私にも伝わってきました。

ハトアリの中盤…エースが城の内外でキャンプして…次第に本性を見せてきた頃から、私はエースが迷う事は、「誠実」だからじゃないかと感じていました。考えても仕方ない世の不条理に悩んでいるように感じられたかもしれません。乙女ゲームのヒーローとしては失格かもしれませんが、青年漫画のヒーローとして評価するとしたら、エースの性格を私はある意味で「純真で無垢なヒト」だと思いました。その感想はホーム→ビジター→クロアリ→ジョーカー→ツイン→ミラアリ…とプレイしてきた今も変化していません。
弱さを抱えながらも、その悩みを忘れて生きる事も人間は出来ます。でも、エースは「忘れなかった」。「忘れる事を許さない」と言います。これは「弱い」生き方でもありますが、「強い」生き様であるようにも感じます。
役人のまま悩まなくなったら…それが個を失ったジョーカーなのかもしれません。

エースの無駄に爽やかな性格も私は好きです。仮面を被って、自分の本質を装おうとする…、これは世渡りの手段であり、「剣」を研いでいるって表現なのだと感じました。エースは常に闘う人でもあるんですよね。
その仮面に覆い隠された本性が、ストーリーを進める事に少しづつアリスに見えてくる。エースもユリウスも自分からは語らないだろう二人の関係性ですら汽車の窓から過去を覗き見る事で明らかになってきます。
ミステリアスさも物語全体の魅力となっていると思います。

エースはユリウスを不可分の家族のように思っているようです。エースのユリウスへの依存はエースの家庭観を現していると考えられます。ただ、エースがいずれアリスをユリウスと同格に扱うか別格なのかは私には分かりません。エースは自分を自己中心的と捉え、自分のエゴでユリウスを不幸にしていると悩んでいそうです。アリスとの関係が深まればやがてエゴで不幸にするのかもしれませんし、お役目もあるのかもしれません。アリスはエースは私を幸せにしないと断定しているので、おそらく最終的な結末として二人が幸せで満たされる事はないのかもしれません。それでも、悩みながら迎える決断によって、何かしら救いがある事を私は願っています。

あと、個人的な見解ですが…、何気にエースは束縛が激しい方ではないように思います。本人がそもそも何処かに放浪しがちなんで放置主義です。ブラッドやボリスなどは甘いですが直接的に束縛してくるんで、エロキャラの中ではエースやグレイはマーキング程度でアリスの自主性をある程度尊重してくれます。エースは嫉妬でキレたら手足ごと斬ってきそうな危うさがありますが(笑)
更にエースの長所を述べると、貯め込んだ全財産を貢いでくれるらしい点ですかね。引っ越しのある世界では夫婦の助け合いに期待出来ないので所帯にはお金が不可欠になりますし…。そもそも時間の流れが正常ではないゲームの世界で次世代が育つのかとか、変わっていく未来があるのかっていう根本的な問題が不明なんですが(汗)

エースの特徴は「元余所者」であったという事です。アリスがこの世界に残っても、この世界にもそれなりの不条理があり苦しみがあるという事が予想されます。エースは元の世界で別れを経験して(?)、拾ってくれた案内人のユリウスに依存して、いずれ必ずくる別離を受け入れる事が出来ませんでした。
現在余所者であるアリスの心臓が時計になったとしても、役持ちになったとしても、そうでなく元の世界に帰ったとしても、悩み一つない幸せという結末はなさそうに思います。

更に、エースは二重の役目を背負った「役人」で「処刑人」でもあります。死を迎える事がなく、いずれ個が消滅しても、存在は再生する…、役人でなくなれば消滅も可能なようです。エースが誰かを処刑出来なくなった時…エースはどうなるんでしょうか?ブラッドとエリオットはエースは今は手を下してないだけでいずれ対処すると思います、エースはそこまで甘い人じゃないでしょう…。アリスが処刑対象になった時にエースはアリスを殺すのか、ユリウスのように死ねない道を探すのか…それとも自分の終わりを選ぶのか…、それとも更に異なる選択肢を模索するのか…、そこがスペードで一番の楽しみです!エース曰く、『もっと良い方法で守れるかもしれない』との事なので、迷い続けて沢山考えたであろうエースが最終的に何を選び取るのか…、気になります!
アリスが処刑対象になるのか…ですが、処刑対象になりそうですよね…。アリスは無意識に罪の意識があり、罰されたいと願っていそうです…。




③『ユリウス』
時計屋。葬儀屋。
余所者が居座る事に否定的。

ブラッドとエースだけでやたら長くなったので以下簡潔にいきます〜…。

ユリウスは分かり易く「優しい」キャラですよね。シリーズでもグレイと競うレベルでマトモ。他が歪んでるとも言う(笑)。
仕事マニアでぶっきらぼう…だけど、言動のそこかしこで人の良さや面倒見の丁寧さを感じてアリスはすぐに絆されていきます。
ハートのユリウス√で「良いから帰れ!」と怒るシーンが物凄く性格を表してて好きです。

ダイヤで分かりますが、ユリウスは余所者のエースをこの世界に連れて来た案内人でした。エースが二重に役目を背負う役人となって、更に事の顛末に関してずっと迷っている事で、ユリウスもまた後悔しているように感じられます。
ユリウスは試行錯誤して迷ってるエースをみて、流れに任せて仕事に没頭して悩みを忘れる生き方を選んでいるようですが…、その事が正しかったとは思っていない様です。
そのせいか、余所者のアリスに最初から一貫して帰れと言います。その正直さや誠実さが優しいですよね。

個人的には、野獣っぽさがないので2次元としては物足りない()。紫色のパジャマが色っぽくない…。エースに弱く3P展開になってしまう…。
ユリウスがエースを幸せに出来なかったと申し訳なさがあるのか何なのか、エースが寂しがると除け者に出来ない優柔不断さも持っています。




④『ナイトメア』
夢魔。他者の夢に入れる。
他人の考えが読める。
病弱で吐血するキャラ。
すご〜く偉い人。
性格が我儘な子供で頼り甲斐がない。

真相キャラ的ポジションですが、性格が子供なんで人を選びそうなキャラかなーと思います。それにしてはキャラが濃く、ネタっぽい笑えるキャラでもあり、人気もある印象です。
頼りないわりには、腹に一物隠してそうで、単なる良い人ではないんですよね…。でも、我儘全開なんでミステリアスな魅力が光るわけでもない(笑)。
でも「可愛い」キャラです。バカ正直な純朴さが良いと思います。恋人というより息子っぽい可愛さがあります…。あと、「バカ」で甘ったれの根性なしですね…。

人の感想を読んで気付いたんですが、「他のキャラと違ってナイトメアはきちんと口説いてくれる点が良い。段階踏んだ正しい手順の恋愛をする」、らしいです。ああ、確かに…クロアリのナイトメア√は手を変え品を変え…口説き続けてくれますし、本人が奥手な方なんでエロ方面もそんなに発展しませんね。
更に、ナイトメアは悪夢から一生懸命ヒロインを守ろうとしてくれます。手段の是非やアリスの意志は兎も角、アリスの為に尽力はしてくれる性格なんですよね…。さらにストーカーのペーターよりはアクが強くない(どんな究極の選択((笑))
あとは、コミカルな展開が良いですよね。親しみが湧くし、重くないので、ライトな気分で読み進められます(^_^)
他にも、ナイトメア√はどうしてナイトメアがアリスを好きになったのか、どうしてアリスがナイトメアに惹かれたのか、好きになった理由が分析されている点が良いと思います。お互いに不足の点を補えあえて必要とし合えるから…ネガティブなアリスらしい恋愛だと思いました。

ユリウスが余所者反対派に対して、ナイトメアはペーター程ではないですが、余所者ウエルカム派です。
アリスに対して、「この世界に残った方が幸せだ」と言います。アリスの過去もアリス以上に理解していそうです。その発言に裏があるのか、無いのかは分かりません。でも、残ったらいずれ同化しちゃったりと、連れてきたペーターやナイトメアが説明してくれてないデメリットもある事は確かなようです。

ナイトメアって健康意識が低く、未来志向じゃないんですよね…。夢魔という特殊能力があって地位が高く、恵まれた境遇なのに、努力をしない…というダメ男っぷり。

エースと並んで、シリーズの中でもかなり特徴的な性格をしています。引きこもりでダメダメ…周りが「手伝ってあげないと」「盛り立ててあげないと」と思わせる程の性格で、上に立つ資格があるとグレイは言います。
個人的には、でもヒッキーは駄目でしょ…、病弱で病院行かないのも駄目だな…とは思いますが…。
ナイトメアは全力で刹那主義ですよね。その時にしたい事だけをする。ゲームの世界の夢の中に引きこもっています。ユーザーに夢に浸るだけではマトモな恋愛は出来ないと、現実の恋愛は面倒で重いものだと教えてくれる存在に感じます。こうなっちゃダメだなって思います…(笑)そういうところがユーザーに優しく安心して萌えれます。現実と趣味を両立させる気になるところがナイトメア√の魅力です…(^-^;)

ナイトメア√をプレイしていて…どうもナイトメアには元々は心臓があったらしいという事が分かります。ナイトメアも余所者だったという事でしょうか?

あと…、「迷い」は繰り返される「時間」の外にある「過去」だと言うこと。繰り返すうちに「過去」の「トラウマ」を忘れて、「居場所を決めた」なら、それが「馴染む」という事でしょうか?逆にいつまでも「過去」を忘れられずに馴染めなければ、世界のルールから弾かれる、それが「処刑」であり「罰」なんでしょうか?
「時間」を繰り返し続けて、完全に「過去」を忘れた頃に、「終わり」が訪れるのでしょうか?それが、心を「修理」もできない「破壊」された状態なのでしょうか?それが処刑であり、罪なのでしょうか?やがて、記憶を喪くし「個」を失っていく…。
銃弾で止まった「心」を「修理」する度に「過去」のトラウマの記憶は薄れていく…。止まった「時間」の中で、繰り返して心を壊して、治して、また壊す事で、忘れたくても忘れられない苦しみを、ついには忘れる事が出来て、そして心に終わりが来るのかもしれないな、と少し思いました。




⑤『グレイ』
元暗殺者。
ナイトメアの部下で世話役。
性格は大人で、スイッチ入るとエロい。
キャラデザが普通に超イケメン。
表の顔は穏やかで自制が効きストイック、生真面目で常識人で仕事熱心。
エースと並ぶ剣の腕前で強キャラ。

欠点が少ないイケメンさんです。いい人なのに、エロい点も美味しい。料理が下手って事が短所です。
ハトアリに登場しないので、シリーズ途中参戦の脇キャラ感があるって事が最大の欠点でしょうか。ハトアリって、ホーム/ビジター/ツインとルート数だけでボリュームあるのでハートに居ないだけで印象半減してしまいます。
あとハトアリの世界では普通=キャラが薄い、と取られがちで…キャラの濃いライバルに印象を奪われてるんですかね(笑)

スイッチ入るまで、良い意味でも悪い意味でも大人の男性で…、一線を超えるとベッドでは甘く熱いです。エロいキャラが苦手な人は苦手みたいですが、それだとロゼ作品がそもそも…;;
この実はブラックという爪を隠した鷹っぽい出来る男感がグレイの魅力です!

ナイトメア第一主義なのも欠点かもしれません。優先順位がナイトメア>アリス>その他になってる気がします。
ユリウスがエースに甘い点や、エリオットがブラッドに心酔する点とどっこいどっこいですかね。エリオットは文字通り心酔なので若干ウザいし、エースは腹黒なのでかなり危険です。ナイトメアは明確な害意を向けてこない分マシな方でしょうか…。

ダイヤでナイトメアに弱い理由である過去が語られます。病弱な子供を食わせる為に手を汚して稼ぐ様になった…とか良い人ですよね。いざとなると冷静で、優先順位しっかりつけて、割り切って選んでくれる冷血さも頼り甲斐があってカッコ良いです。

クロアリのグレイは自分で性格がブラッドに似ていると言います。表面はユリウスとも共通点があると思っているようです。
珍しくアリスから惚れ込んで落とそうとする展開ですが、「代わり」の為の恋愛ごっこをするという流れがブラッド√にワザと類似させているように感じました。




⑥『ボリス』
チェシャ猫。
ナゾナゾ好き。惑わすのが好き。
行きたい場所へ扉を繋げる事が出来る。
引っ越しで弾かれる。
銃マニア。手が早く直っ球。

恋愛観が若い。
若いな〜(笑)、というのが始終一貫した感想です。

獣っぽくエロく甘いのが良いです。世間一般人気が、エース>ブラッド>ボリス…とエロキャラで上位は占められてる印象があります。
エロいのが苦手なユーザーはユリウス>ナイトメア…という順位でしょうか?どのキャラも個性が強くストーリーがあるので人気キャラが割れてそうですよね。

ボリスはハトアリ時点で手錠を持ち出してきたり、物理的に距離の近い恋愛を好むタイプです。2次元だから別に良いんですが、束縛が強いです。束縛はブラッドの方が強いかな?
ブラッドの嫉妬が上からで権力的なら、ボリスは下からの直接的ですかね〜…。
私はリアルでは束縛しそうな男は付き合ってないんでよく分からない所もありますが、ボリスは普通の大学生男子って感じがあります。普通っぽさが人気の理由でしょうか?甘酸っぱい感じがあります。嫉妬エピソードが多いんで、乙女ゲームとして美味しいのかもしれません。事実、他の方の感想を読むとボリスが一番普通の手順を追った普通の恋愛なんで好きって感想をよくお見かけします。私は(ほうほう、若い女の子はこういう若い男の子が良いのねえ)ってオバさんな感想を持ちます……(終わってる;)

ボリス√は世界観全体の説明があり、ハトアリの世界がよく見えるルートだと思います。




力尽きたので以下はまた後で書きます

⑦『ジョーカー』
二重人格の監獄の監守。
個を失った役人の成れの果て。
現実から目を逸らしてゲームの世界に逃避したアリスの罪を糾弾する役目を持っています。

⑧『エリオット』
短期なウサギ
ブラッドの信者
オレンジ色のニンジン料理が好き
代わりを嫌がり、世界のルールに抗おうとする。

⑨『双子』
ヤンデル代表格の子供達
すぐ刃物を持ち出す
二人とも大人姿になったり子供になったりcv福山潤さんの演じ分けだけで面白い…

⓪『ペーター』
アリスの案内人。
話を聞かないストーカー。
絶対的な味方(?)
ダイヤとスペードでは攻略キャラにならない(切ない)。
ぶっちゃけお節介でアリスの意思を無視して、勝手にアリスの生き方を決めつけているようにも思えるし、そうでもないのかもしれない。

エリオットもそうなんですが、ウサギ耳のロン毛ってだけでちょっと私の好みから外れてしまっています。ボリスは許容範囲だったので猫耳はありらしいが、自分で自分の好みはよく分からないけど、悪いけどペーターは別に萌えませんでした。
しかし、ストーカーキャラって設定だけで美味しい面白いキャラクターだとは思います。
会話が成り立たずコミュニケーションが取れないだけで既に嫌ですがね…(笑)
だがストーカーって以外は地位も金もあって熱烈に愛してくれてますね。受け入れれば意外とイケます。


・ビバルディ
・ゴーランド
・ピアス
・ジェリコ
・シドニー





ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]

私は乙女ゲーマーの中でも変わった趣味だと思うので、他者の参考になる気がしませんが、好きなゲームをオススメしてみます。
個人的『歴代乙女ゲームのランキング』(2021年度版)です!
番外として、乙女ゲーム以外の恋愛ゲームのランキングもつけてみます。
ハードはPCを含む家庭用ゲーム機全般です。買切りのみで課金形式は含みません。

ヤンデレ多めで、更にエログロ、鬱、バッドエンドなんでもありです。風変わりな作品が好きです。エゴのぶつけ合いたる恋愛観が独自に掘り下げられているかを重視してます。
あとネタっぽい軽いノリが好きです。

ここでいうヤンデレは定義通りの「広義」な方です。病んでデレがあれば、メンヘラや身体の病気や元々狂ってるなど含みます。

乙ゲは人それぞれ好みが異なり、自分に合う物が見つかりにくいジャンルです。皆様がご自分のお好みの作品に出逢えますように。

2021/12/19更新

おすすめCS乙女ゲーム
<目次>
(1)華アワセ
(2)十三支演義
(3)ハートの国のアリス
(4)薄桜鬼
(5)Under the moon
(6)Diabolik Lovers
(7)アムネシア
(8)バスタフェロウズ
(9)喧嘩番長乙女
(10)ピリオドキューブ
(11)蝶の毒華の鎖
(12)ピオフィオーレの晩鐘
(13)越えざるは紅い花
(14)Black Wolves Saga
(15)クロックゼロ
(16)ブラッキッシュハウス
(17)剣が君
(18)KLAP!
(19)ジャックジャンヌ
(20)遥かなる時空の中で3
(21)ときめきメモリアルGS
(22)うたのプリンスさまっ
(23)下天の華
(24)吉原彼岸花
(25)華ヤカ哉我ガ一族
(26)キューピットパラサイト
(27)オランピアソワレ
(28)カラーマリス
(29)月華繚乱ロマンス
(30)トリックオワアリス
(31)鳥籠のマリアージュ
(32)黒と金の開かない鍵
(33)ダイナミックコード Liars
(34)囚われのパルマ
(35)死神と少女
(36)大正x対称アリス
(37)三国恋戦記
(38)オズマフィア
(39)絶対階級学園
(40)百花百狼
(41)VitaminX
(42)アラビアンズロスト
(43)アルカナ・ファミリア
(44)Side Kicks!
(45)忍び恋うつつ
(46)蛇香のライラ

<乙女ゲーム以外の恋愛ゲーム目次>
(*番外-1)空の軌跡
(*番外-2)ICO
(*番外-3)シャドウハーツ
(*番外-4)シュタインズゲート
(*番外-5)ドラクエ5
(*番外-6)デビルメイクライ4
(*番外-7)FF10/FF8/FF9/FF7
(*番外-8)リトルバスターズ
(*番外-9)ラストオブアス
(*番外-10)ファタモルガーナの館
(*番外-11)428
(*番外-12)SIREN
(*番外-13)フェイト(R18)&フェイトゼロ
(*番外-14)rain
(*番外-15)ペルソナ5
(*番外-16)ペルソナ4
(*番外-17)零
(*番外-18)ブレスオブファイア5
(*番外-19)ニーア・レプリカント
(*番外-20)テイルズオブヴェスペリア
(*番外-21)いけにえと雪のせつな
(*番外-22)東京ザナドゥ
(*番外-23)十三騎兵防衛圏
(*番外-24)ひぐらしの鳴く頃に


Switch対応タイトル
「薄桜鬼」
・Switchとスマホ買切の移植あり
「ハートの国のアリス」
・続編『スペード』のみ発売予定
「Diabolik Lovers」
「アムネシア」
・Switchとスマホの移植あり
「バスタフェロウズ」
・Switchとスマホ買切の新作
「蝶の毒華の鎖」
「ジャックジャンヌ」
「剣が君」
「クロックゼロ」
「ピオフィオーレの晩鐘」
・Switchとスマホ買切の移植あり
「遥かなる時空の中で」
・6のみはSwitch移植あり
・7はSwitch新作
「ときめきメモリアルGS」
・4はSwitch新作
「うたのプリンスさまっ」
「吉原彼岸花」
「華ヤカ哉我ガ一族」
「キューピットパラサイト」
「オランピアソワレ」
・Switch新作、スマホ買切の移植あり
「カラーマリス」
・Switchとスマホ買切の移植あり
「囚われのパルマ」
・スマホ買切の新作、Switch移植あり
「大正x対称アリス」
「三国恋戦記」
「オズマフィア」
「絶対階級学園」
「百花百狼」



スマホ対応タイトル
「薄桜鬼」
・Switchとスマホ買切の移植あり
真改(新キャラ追加版)と豪華版(オリジナル)あり
「アムネシア」
・Switchとスマホの移植あり
続編FDもスマホ版あり
「バスタフェロウズ」
・Switchとスマホ買切の新作(5980円)
「剣が君」
・スマホ課金アプリあり(内容は異なる)
・Switch移植あり
「ピオフィオーレの晩鐘」
「クロックゼロ」
・Switchとスマホ買切の移植あり
「遥かなる時空の中で」
・6のみはSwitch移植あり
・7はSwitch新作
・1のみスマホ買切対応
「うたのプリンスさまっ」
・Switch移植あり
・スマホ課金アプリあり(内容は異なる)
「オランピアソワレ」
・Switch新作、スマホ買切の移植あり
「カラーマリス」
・Switchとスマホ買切の移植あり
FDもスマホ版あり
「トリックオワアリス」
「黒と金の開かない鍵」
・スマホ買切の移植あり(かなりエロいので注意)
「囚われのパルマ」
・Switch移植あり
・スマホ買切の新作

その他のスマホゲーム
「忍び恋うつつ」
「ニルアドミラリの天秤」
「コードリアライズ」
「夏空のプロローグ」
「猛獣使いと王子様」
「ノルン+ノネット」
「幻想マネージュ」
「明治東亰恋伽FullMoon」(一括は5800円)



初心者向けヤンデレ(笑)
主観による無難そうな万人向けっぽいヤンデレ物です。そもそも病んでる時点で万人受けじゃない矛盾が…(汗)

・「ジャックジャンヌ」
超爽やか路線です。かるーくヤンデレ気味のキャラが居ます。

・「喧嘩番長乙女」
あっさりした病み度(けど、しっかりウジウジしてるので初心者にオススメ)。爽やかな作風です。

・「KLAP!!」
調教で女王様プレイをするところまではアブノーマルなものの、他はマトモな作品です。

・「キューピットパラサイト」
エロネタで笑うという大人向けの作品です。一部愛が重いですが健全です。

・「バスタフェロウズ」
ヤンデレに分類しない人も多そうに思うくらい軽度です。ストーリーは万人向けです。

・「薄桜鬼」
ヤンデレ作品に分類しただけで方々から怒られそうで怖いくらいの万人向けの作風です。

・「ピオフィオーレの晩鐘」
バッドで病んだりする程度(やや重め)でかなり万人受けの作風です。流血多め。初心者オススメ。

・「カラーマリス」
冒頭から首輪をつけられたりとハードモードだが、万人向けの作風です。

・「ニルアドミラリの天秤」
・「オランピアソワレ」
展開はR18方面だが描写は健全。エロくなくて消化不良。CeroDだけあってサブやバッドに病みがあります。

・「下天の華」
後からメリバを付け足した作品。元々は万人向けの爽やかなネオロマです。

・「忍び、恋うつつ」
コミカルなキャラゲー。人気のヤンデレが居ます。しかも3人で軽いけど方向性が違う、ヤンデレ初心者にオススメします。

・「華ヤカ哉我ガ一族」
ヤンデレ1人ツンデレ多数。シリアスありコミカルありで楽しみ易いです。

・「三国恋戦記」
ヤンデレ代表作とされる知名度の高い作品の中でも一般向けの爽やかな雰囲気です。ヤンデレ初心者向きです。

・「神々の悪戯」
ブロッコリー作。キャラの癖が強くネタゲーっぽい。ヤンデレが1人居ます。

・「ノルン+ノネット」
複数主人公の異色作。ヤンデレが居るが、全体的には万人向け。スマホ版あり。

・「7’scarlet」
軽めのボリュームで遊び易いですが、重い箇所もあります。

・「スチームプリズン」
軽めでバッドエンドで病む程度。

・「剣が君」
一部ルートで病んだりする程度です。リジェとしては軽め。

・「数乱dight」
一人重めですが、全体的には爽やかです。

・「黒蝶のサイケデリカ」
・「灰鷹のサイケデリカ」
バッドで病むソフトヤンデレ程度。恋愛よりシナリオ重視な泣きゲーです。

・「Re birthday song」
世界壊す系のヤンデレあり。

・「シャレードマニアクス」
キャラが多く全体的には万人向けと思います。裏切り者探しって主題なので重めです。

・「花咲くまにまに」
放っておけない感じのヤンデレ1人。

・「ヴァルプルガの詩」
方向的には病んでいてマニアックかも。

・「レンドフルール」
全体的に重めで鬱っぽいです。



コア向けヤンデレ(笑)
一般的に賛否両論が激しく、強い拒否反応を示すユーザーが出る一方で、熱心なファンを長年維持している風変わりな作品です。

・「アムネシア」
圧倒的なヤンデレ知名度を誇る名作です。賛否両論の強いヤンデレ属性の中では万人受けに近いです。まだ可愛い方と言われ、ヤンデレ沼の入り口とも評されます。

・「クロックゼロ」
ヤンデレ代表作。泣きゲーで嫌われにくい作風です。主人公愛が重過ぎるタイプの人気作です!

・「蝶の毒華の鎖」
ヤンデル代表作。元R18ですが、サスペンスという事であまり人を選ばないとされます。

・「吉原彼岸花」
エロが濃厚なのでややコアよりではありますが、ストーリーは万人受けの泣きゲーです。

・「百花百狼」
ディレクターがヤンデレの評判が良いのでコア向けに近いですが…十三支よりはあっさりした方かもしれません。

・「ビルシャナ戦記」
十三支と似た作風ですが、よりマイルドかなと思います。

・「死神と少女」
王道泣きゲーではありますが、主人公がヤンデレ気味で鬱ゲーとも言われます。ややコアかも。

・「Cendrillon palikA」
全員メリバあり、ヤンデレありとコアっぽい方向性ですが、Switch初タイトルという事もあり、全体的には万人向けです。

・「境界の白雪」
カウンセラーゲー。複数ヤンデレが居り、全キャラメリバありですが、やや軽めで作風としては万人よりです。

・「大正対称アリス」
カウンセラーゲーム。複数ヤンデレあり。鬱っぽいですがストーリーが纏まっています。

・「ダイナミックコード」
クズ男が主題のカウンセラーです。

・「ブラッキッシュハウス」
カウンセラーゲームの中でも重い方かなと思います。

・「オズマフィア」
一部浮気ルートや娼館エンドがあります。

・「月華繚乱ロマンス」
ヤンデレやヤンデル多数。ストーリーは退廃的な部分もありコア向けっぽい印象は受けるが、サクっと短く軽めの展開なので、有名なヤンデレ物の中では遊び易い方だと思います。

・「Dance with Devils」
リジェのミュージカル乙女ゲーム(笑)。ネタっぽい馬鹿ゲー。ややコアよりかもしれませんが雰囲気が軽めです。

・「ディアボリックラヴァーズ」
全員ヤンデルなので賛否両論は激しいですが、売上が大きい事でヤンデル耐性が無い方も手を出している事にも評価は起因しています。ネタっぽい作風で軽いので手軽に楽しみやすいと思います。若干DVがあります。

・「アリスアリス」
リジェのPCゲーム。ヤンデル多めのネタっぽい作風がディアラバに似ているが、更に頭がおかしいかも。

・「十三支演技」
ヤンデレ代表作。知名度も人気も根強い作品ですが、とあるヤンデルの病み方が激しいので苦手な人も多いかもしれません。サブも病みが激しいです。

・「越えざるは紅い花」
人気も知名度も高い万人受け作品ですが、半分が浮気前提のルートと挑戦的な作風です。プレイヤーのS度を試してきます(笑)

・「ピリオドキューブ」
病み方が激しいキャラも居ますが、ネタよりの作風は軽く読み易いので、重過ぎもしないです。ヤンデレ多数で、方向性はコアです。

・「華アワセ」
全員ヤンデレ。病み度はキャラによりますが、ストーリー物なのでそこまで引かないかなとも思うんですが、…怖いホラーシーンもあります(笑)

・「ハートの国のアリス」
シリーズが長く続くストーリーなだけあって、1作品だけでは掴みどころのない複雑な病み方をしているので、男性心理が難しく苦手な人は苦手だと思います。ハマる人はどハマりすると二極化します。

・「白と黒のアリス」
元ロゼスタッフ多めの病み作品です。珍しい複数主人公制です。

・「蛇香のライラ」
PCの方は全年齢限界レベルにエロいです。二股前提なのでコア向け。

・「クランクイン」
複数の頭おかしいヤンデレキャラが居て、かなりコアな仕上がりです。

・「スイートクラウン」
全体的に退廃的な病みが漂ってます。ヒロインが病んでる。

・「絶対階級学園」
舞台設定上、虐めっぽい鬱展開あったり、悪役令嬢が居たりします。

・「月影の鎖」
住民の民度が低くてイライラすると評判です(笑)。鬱で重たいストーリーなので人を選ぶと言われます。ヒロインが病んでる。

・「空蝉の廻」
陽と隠の2ルートあり、隠ルートは病んだ雰囲気があります。エロめ。

・「ブラックウルフズサーガ」
最強レベルに病んでます。甘さやエロさなど恋愛のプラス要素がほぼ無く、独占欲・自己肯定欲・嫉妬…等々ブラックな部分にばかり焦点が当たりますし、文章もダレ気味です。ひたすら重い。コア向けです。

・「もし、この世界に神様がいるとするならば。」
リジェ兄ゲー代表格とされる(笑)ブラウルと同じく文章が冗長気味なので、全体的に雰囲気が重く、相当なヤンデレ好きじゃないとキツいと言われます。

・「トリックオワアリス」
UTMや鳥マリと比較すると軽いですが、当然のように重いヤンデレが居ます。

・「オルフレール」
絵も綺麗めで遊び易い印象ですが、元R18なので漏れなくマニアックな部分もあります。

・「Under the moon」
エログロが激しいので、玄人向きの作風ではあります(笑)病みも激しいです。

・「黒と金の開かない鍵」
全員ヤンデレでかつエロが激しいです。こちらもマニアックな作風です。主人公が好き過ぎて病んでいく狭義のヤンデレが居ます。

・「鳥籠のマリアージュ」
女性向けにしてはエロ方面に激しい病みが全員あります。鬱っぽくないので何気に軽い気持ちでプレイ出来る。



<評価指標>
100点満点で点数化
私個人の好み
×0点△2点◯4点◎8点☆10点以上(点数化不可)
①独自性:オリジナリティ
②概念:テーマ性、コンセプトの明確化
③構成力:纏まり、企画力、文章力
④恋愛観:恋愛について掘り下げているか
⑤エンタメ性:楽しめたか、笑えたか
⑥キャラの魅力:萌えたか
⑦ゲーム性:システム評価も含む
⑧音楽:好みか
⑨声優:好みか
⑩イラスト:合っているか


<乙女ゲーム紹介文>
(0)ときメモGS4
愛がやや重いキャラが居ます。「彼はヤンデレじゃない」とお怒りのピュアな方も多いので、平和に共存して欲しいと思います…。SNSや同人界隈は盛り上がっているそうです。
高い数字が出て業界も盛り上がって欲しいと歓喜してます。超人気声優さんなど実況動画もトレンドになっていて絶望的な時代に光をさしてくれたと感謝しています。
このページが何故かコメント貰ったりもしてまして(笑)、似た感じの幼馴染モノを探す需要も地味にあるようです( ̄д ̄;)



(1)「華アワセ」レビュー
(ネタバレなし)

・90点
①独自性☆②概念☆③構成力☆④恋愛観☆⑤エンタメ☆⑥萌◎⑦ゲーム☆⑧音☆⑨声◎⑩絵◯

個人的にベストオブ乙女ゲーム。
「全員ヤンデレ」とか「バッドエンドが良い」とかの評価でコアなところで有名なPCゲームです。
兎に角、独特の世界観と表現力が秀逸。
一言で語るなら『考察ゲーム』。ストーリーの奥深さを求めるなら、個人的にはこの作品を押しますが、非常に複雑です。アニメのエヴァンゲリオンとか、ゲームのダークソウルとか、シュタゲやひぐらしとか428とか、推理小説とか、ひたすら考えるのがお好きな方にお勧めします!逆にお手軽に楽しみたいって方には向かないかなと思います。
全四作で一つの物語として完結する圧巻のボリュームです。
女主人公が乙女ゲームでは唯一と言って良いレベルに一途です。
音楽が好みでした。
泣きゲーですが、コミカルな調子です。
1位にまで評価したのは考察すれば見えてくる『分かり易さ』と、構成の綺麗さです。頭の良い人が書き上げたシナリオだと感じました。

公式総合HP
DLsiteがるまに
ネタバレなしの感想(別ページ)
ネタバレ全開の考察(別ページ)



(2)「十三支演義」レビュー
(ネタバレなし)

・66点
①独自性◯②概念◯③構成力◎④恋愛観☆⑤エンタメ☆⑥萌☆⑦ゲーム◯⑧音◯⑨声☆⑩絵△

まさに『ヤンデレ』ゲーム。ヤンデレは攻略キャラでは半分程度ですが…サブキャラまで様々な病みっぷりをみせてくれます。
三国志ベースのストーリーで、飽きさせない展開の早さ、攻略キャラの多彩さなどバランスが良いと思います。
中でも、「戦う強い女主人公」は魅力的です!むしろヒロインが一番カッコイイ(笑)。
コンシューマでかつ、開発のREDは兎も角、大手オトメイトが売っているわりに… 非常識でエゲツないキャラが多く… よく商業で企画とおしたなって思うくらいには突き抜けたモノを感じました。笑えるか、引くかは、人によります。私は爆笑してお腹が痛かったです…。
2位のお気に入り点は、お手軽なエンタメ性と両立して、コンシューマーとしてはギリギリに近い域まで挑戦し表現した恋愛観の追求です。

公式リンク「Vita版 1&2」
アマゾン

「十三支演義」
ネタバレ感想(スルー推奨)

全体的にヤンデレ(曹操&劉備&袁紹&郭嘉&賈詡…)やツンデレ(夏侯惇&夏侯淵&諸葛亮)や甘々(趙雲&張遼&周瑜)がたっぷりでとても面白かったです!
キャラによって方向性が随分と変わるので、金太郎飴っぽさが殆どなかったです。

劉備と曹操のヤンデレ度が想像以上に深刻でした。関羽は(武将として)曹操に熱烈に歓迎されたっていうエピソードがあるので、そこに焦点が当たるのかなと思っていたのですが…、予想の斜め上を行く闇堕ちっぷりでした(笑)。権力者のヤンデレは恐ろしい…。恋愛煩悩に大陸ごと振り回されてて、そのスケール感に笑うしか無かったです^_^



(3)「ハートの国のアリス」レビュー
(ネタバレなし)

・82点
①独自性☆②概念☆③構成力☆④恋愛観☆⑤エンタメ☆⑥萌☆⑦ゲーム△⑧音☆⑨声◎⑩絵△

クインロゼの代表作。
『クセが強いキャラに、クセの強い冗長な文章』と評されますが、良く言うと世界観の独自性が高いです。女主人公が捻くれ者で恋愛に夢を見ないので自己同一化しにくいと言われています(私は感情移入しやすかったです…。)

中古価格が高騰しています。新装版はノベルゲームですが、100時間以上のボリュームです。今から始めるならば、相場面でも新装版PSPが無難かなと思います。

乙女ゲームと分類されるゲームでストーリーの面白さ評価をするならば、私はこれを1位に持ってくるかもしれません 。ただ、ポジティブな意味で『恋愛ごっこを楽しませるゲーム』ではないです。むしろ恋愛のダークな部分にも焦点が当たっています。
独自の世界観が作り込まれていますので、一風変わった作品をお求めの方にオススメしますが、合う合わないはあると思います。

主人公が理屈臭いタイプで自身の深層心理や世界の謎(?)を探ろうとし続けるので、ややこしい会話が続きます。その議論(?)を楽しめるかどうかが、合うか合わないかを決めるように感じました。
独自の人生観(?)が入っているという点で私はこの作品を高評価しています。
3位の評価点は、上記通りきめ細かい世界観の作り込みと、圧巻の独自性です。

公式HP「スペードの国のアリスwhite」
Vita「新装版ハートの国のアリス」
ネタバレ感想と考察(別ページ)



(4)「薄桜鬼」レビュー
(ネタバレなし)

・56点
①独自性◯②概念△③構成力◎④恋愛観△⑤エンタメ☆⑥萌☆⑦ゲーム×⑧音◯⑨声☆⑩絵◎

長編の乙女ゲームの代表格。ストーリーは新撰組モノにファンタジーが足されています。老若男女に人気の高い新撰組の『激動の生き様』に浸れる点が魅力です!

乙ゲの中では飛び抜けた知名度を誇りますが、女主人公が「護られ」で不評だったり、攻略キャラが増え過ぎて「金太郎飴」だったりと、「万人受け作品」ならではの欠点もあり、意外と賛否は割れます。やや微エロな刺激的表現含みますが、爽やか路線から外れる程でもなく、嫌われ難い作風です。乙女ゲームというジャンルを1つだけやってみたいという方には無難にオススメし易いタイトルだと思います。
超シリアスな泣きゲー系です。
因みにメンタルは概ねマトモと言われます。肉体が病気(?)

4位に評価したポイントは、新撰組モノとして時代モチーフの重厚さとエンタメ性の両立の巧みさです。

公式総合HP
アマゾン

「薄桜鬼」ネタバレ感想(辛口)
新撰組モノ+吸血鬼モノという合わせ方が乙ゲというジャンルに非常にマッチしていると思います。

新撰組モノとしては無難でオリジナリティは低い物語だと思います。ビジネスが上手い製作者だとは思いますが、創作物という面では私はあまり評価していません。
というのも、女主人公の設定が、ご都合主義で…「イケメン騎士に全力で守られたい」「男に兎に角尽くして貰いたい」って欲望があまりに強過ぎる物語展開になってます。

色々語ったところで、鬼モードの理性で我慢しようとする描写がめっちゃエロいんで良作だと思います。



(5)「Under the moon」レビュー
(ネタバレなし)

・64点
①独自性☆②概念◯③構成力◯④恋愛観☆⑤エンタメ◎⑥萌☆⑦ゲーム△⑧音◯⑨声☆⑩絵△

『ヤンデレ』や『ツンデレ』を極めています。
有名ディレクター作品の元18禁移植。成人向けならでは、女性向けノーマルカップリングならではの方向性が良いと思います。元々は年齢制限があるくらいですから、そっち方面に耐性がないとキツイです。というか女性向けだけでなく男性向けも大丈夫なくらいじゃないと厳しいと思われるエロさです。
エログロ路線ですが、その一方で乙ゲの中でもロマンチックで『甘い恋愛』についても力の入った作品だと思います。
キャラゲー的な雰囲気があります。
主人公がロリ顔で自己同一化は難しいです。
男性向けでヤンデレが流行し始めた頃で、女性向けでヤンデレが主題の作品としてはかなり初期のお話だと思います。
5位の評価ポイントは、恋愛の光と影…愛憎の表現の追及です。手に入らない苦しさ、独占欲、所有欲、嫉妬、絶望、憎しみ、憧れ、溺れるような快楽…些細な事で揺れ動く心理表現の生々しさが描かれています。

PS2ソフトウェアカタログ



(6)「Diabolik Lovers」レビュー
(ネタバレなし)

・74点
①独自性☆②概念☆③構成力△④恋愛観☆⑤エンタメ◎⑥萌☆⑦ゲーム△⑧音△⑨声☆⑩絵☆

個人的にはじめて面白いと思った乙女ゲームです。「システムの独自性」は異彩をはなっていると考えます。
シチュエーションゲーム』という評価の通り、短いショートストーリーの詰め合わせです。個人的には奥深い作品と高評価ですが、世間的には『ストーリーが浅い』という評価で定着しています。短く早い展開が楽しめる点は良いですが、キャラが多く金太郎飴感があり、声優萌えがないとキツいと思います。『キャラゲー』と評されます。
「全員ヤンデル」のうえに性格が悪い「ダメ男」です。キレて追いかけられたりします(笑)。ネタっぽい軽い作風です。その上、濃いキスシーンがテキスト量の半分を占めます。確実に人を選びます。
ダミーヘッド収録仕様で音声に臨場感があります。キャラデザが私の好みでした。
6位のポイントは、音声と画像での表現システムの追及です。あと、短くお手軽なエンタメ性です。

公式総合HP



(7)「アムネシア」レビュー
(ネタバレなし)

・62点
①独自性☆②概念◯③構成力☆④恋愛観☆⑤エンタメ◯⑥萌◯⑦ゲーム◎⑧音△⑨声◎⑩絵△

大手オトメイトのヤンデレゲームの代表格。
サスペンス風の一人称視点と三人称視点の中間のような、『記憶のない女主人公』の設定が独自で面白いです。
攻略順で感想が変わりそうですが、下手におすすめ攻略順を調べたりせず、出来るだけ前知識のない状態でプレイした方がより面白いと思います。
UTMやハトアリがPCで受けた後に、クロゼロと共にヤンデレをメジャーにした作品だと思います。

Switch版公式
スマホ版公式



(8)「バスタフェロウズ
レビュー(ネタバレなし)

・54点
①独自性◯②概念☆③構成力☆④恋愛観×⑤エンタメ☆⑥萌×⑦ゲーム×⑧音◯⑨声◯⑩絵◎

サスペンス風の現代アメリカ事件物。
続きが気になって夢中になってプレイしました。10回くらい号泣しました。体験版がスマホで出来るのでオススメです。
全体的に完成度が高いストーリーですが、恋愛描写が弱く、乙女ゲームというよりサスペンスゲーム。「普通の物語」としての完成度が高く、テレビドラマやRPGの様な感覚で楽しめました。

公式サイト
ネタバレOn/Offありの感想(別ページ)
攻略方法(別ページ)



(9)「喧嘩番長乙女」レビュー
(ネタバレなし)

・66点
①独自性☆②概念◯③構成力△④恋愛観☆⑤エンタメ☆⑥萌◎⑦ゲーム☆⑧音△⑨声◯⑩絵◎

十三支のディレクター作品。スパチュンのシステムを上手く乙女ゲーム化していると思います。
ケンカして万事解決するという、少年漫画のような爽快さが気持ちいいです。『明るくお手軽に』楽しみたい方にオススメします。万人向けだと思いますが、短所をあげるならストーリーが短い点です。
病みは軽い方です。

公式HP



(10)ピリオドキューブ(ネタバレなし)
・62点
①独自性☆②概念△③構成力◯④恋愛観◯⑤エンタメ☆⑥萌◎⑦ゲーム◯⑧音◎⑨声◎⑩絵◯

某SAOとか.hack風のオンラインゲーム物。男性向けラノベが好きなら向いてます。私は冒険を楽しめました。
キャラが非常に濃く、腹がよじれるほどに笑えたが、人を選ぶかもしれない。
全キャラにメリバルートがあるが唐突感のあるキャラが多いとも言われます。
ストーリーが短めな点も不評。

公式HP



(11)蝶の毒華の鎖(ネタバレなし)
・60点
①独自性◯②概念◯③構成力☆④恋愛観◎⑤エンタメ☆⑥萌え☆⑦ゲーム△⑧音楽△⑨声◯⑩絵◎

元18禁の超人気タイトル
サスペンス風のストーリーが面白かった泣きゲーです。どう語ってもネタバレになりそうで…オススメですとしか言えない…!
下手にプレイ順など前知識入れずにプレイした方がいいかも。
大人向けの作品に手を出してみたいという方には無難にオススメし易いかなと思います。

Switch版公式
ネタバレなしの感想(別ページ)



(12)ピオフィオーレの晩鐘(ネタバレなし)
オトメイトのマフィア物。近年のSwitch前後の作品ではかなり売れている方と思います。全体的なバランスが良いです。絵も今時で綺麗ですし、ストーリーもボリュームあり、キャラも立ち、そこそこ刺激的。高い完成度を誇り、嫌われにくい作風で、人にオススメしやすいです。
作風が薄桜鬼に似てます。まさに『オトメイトゲー』といえる良作。万人受け=王道=ありがち、の法則にはやや当てはまりますが、いきなり個別√に入り、バッドエンドやメリバもそこそこボリュームあります。エンドのパターンが多様で多くの需要を取りこぼさないようなマーケティングが巧みでした。

公式



(13)越えざるは紅い花(ネタバレなし)
・54点
①独自性☆②概念◯③構成力◯④恋愛観☆⑤エンタメ☆⑥萌◯⑦ゲーム◯⑧音△⑨声◯⑩絵△

元18禁移植の人気作。
女主人公が強くカッコいいです。
戦争に負けて、敵国で無理矢理妻になるというストーリーなので、そういう展開が苦手だとキツいと思います。
蝶毒と並び元18禁の2大タイトルです。

女主人公が強くて前向きでカッコ良いです。
私は浮気や二股が地雷なんで主要3キャラのみでしたが、OKなら倍楽しめると思います。3人だけでもボリュームあります。(ってか、私は同じタイトルで3キャラも楽しめる事が珍しい。)

Vita版公式



(14)Black Wolves Saga (ネタバレなし)
・64点
①独自性☆②概念☆③構成力☆④恋愛観☆⑤エンタメ×⑥萌△⑦ゲーム△⑧音楽◎⑨声◯⑩絵◎

リジェットのヤンデルゲーム代表作。
非常に賛否両論の多い作品です。
あえていうとDV要素を含みます。そしてエロさや甘さが殆どありません。暗く辛い世界観の中で生き方を選び取っていく物語です。ストーリー性は高いですが、とにかく厳しい展開が続くので、お手軽に楽しみにくいと思います。
狭義の『ヤンデレ』ではなく、『ヤンデル』に焦点をしっかり当てたストーリー物です。

Vita版公式


(15)クロックゼロ
泣きゲー代表作。子供時代が長い点は賛否があるが、全体的に完成度の高い作品です。
スマホ移植がきました(涙)。
王道の泣きゲーの為、男性向けをある程度プレイしていると展開が読めてしまう欠点があります。逆に言うと構成が纏まっています。
アムネと並んで、ヤンデレをメジャーにした作品だと思います。王道ヤンデレ物としてオススメです。
Switch版公式


(16)ブラッキッシュハウス
ダメ男の芸能人カウンセリングゲーム。ダイナーと同じくハニビブラック作品。AとZの2部作で、それぞれ毛色が違うのでそれぞれ面白いです。
乙ゲを100や200タイトル以上プレイされている非常にコアなゲーマーさんがよく好きなタイトルとして名を挙げている印象があります。攻略キャラのクセが強いPCゲームですが、きちんと乙ゲとしてのツボを押さえているように思いました。
公式


(17)剣が君
リジェット作品の中では珍しく一般受けする作風です。病みも少なめですし、ディアラバ や月華のようにショートストーリー集ではなく、ボリュームあるストーリー物です。エンディングが多い点も好評です。
公式総合


(18)KLAP!
調教ゲーム』。お手軽にネタっぽいゲームがしたければ、オススメです。別にエログロとか、ヤンデレとか、怪しい方向性ではないです。
個人的にはキャラデザが少し苦手でした。
公式



(19)「ジャックジャンヌ」
(ネタバレなし)

絵師と監修が「東京グール」の石田スイさんで、綺麗なだけでなく絵から表現されてくる世界観がある点が魅力です。
更に、圧倒的なスチルの枚数と表現力が最高!奇抜さも少なくオススメしやすいです‼︎
一番の欠点は作業が多い事です。

・全体的には一般受けっぽい無難な内容
・恋愛はやや薄味。乙女ゲーマー以外の一般受け狙いの商品戦略かなと思います。
・少年漫画らしく、熱い展開ありで青春っぽくドキマギしたい人にオススメ。
・スチルの枚数が多く、表現力が高い!場面が臨場感を持って想像出来る。乙ゲが紙芝居というより音声付きの漫画のよう。
・音ゲーという事もあり、ゲーム性は同じブロッコリー作の「うたプリ」に似ている
・女装している攻略キャラが多数で男っぽさが不足している。なんで女装に青春を費やすんだって疑問が頭に残る。萌えない。グールのキャラは皆好きだっただけに残念。

公式


(20)遥かなる時空の中で3
乙女ゲームの代表作の一つ。
RPGのように冒険しながら、ついでに少女漫画感覚で爽やかに恋愛も楽しめます。戦う女主人公が好評です。
万人受けの方向性で無難な恋愛と思います。
Switchでも結局遥かが一番数字出ているので最も需要の続く作風に感じます。
病みは無し。
乙女ゲームというジャンルを切り開いたネオロマの1つです。アンジェやコルダもファンが多いシリーズです。
3公式


(21)ときめきメモリアルGS
乙女ゲームの代表作の一つ。元祖恋愛シミュレーションゲームとして、骨太のゲーム性能です。パラメータ操作だけで楽しいです。
ひたすらテキストを読み続ける泣きゲーとしての重厚なストーリーではありませんが、ゲームらしいゲームとして実に良作です。
病みは無し。
公式総合HP


(22)うたのプリンスさまっ
乙女ゲームの代表作の一つ。ゲーム性は高いですが、キャラ重視でストーリーは軽めです。個人的にアイドル物がやや苦手でしたが、音ゲーとしての性能は良いと思います。
病みも無し。
男性向けでいうアイマスやラブライブの系統と思います。
音楽はエターナルガーデンで豪華なスタッフです。
公式総合


(23)下天の華
ネオロマですが、全キャラにメリバエンドが追加されてます。
公式総合


(24)吉原彼岸花
元18禁。重厚な泣きゲーです。ストーリーありのエロで耽美です。花魁モノって切なくて、儚くて良いです。
公式


(25)華ヤカ哉我ガ一族
序盤は冷遇が辛いですが、そのツンデレ具合が好評です。明るいギャグ部分も人気があります。
プライドのクソ高い、親の七光りの御坊ちゃまを次々に手玉に取る事が何よりも爽快です。


(26)キューピットパラサイト
Switch新作。
オトメイトのコンシューマ作品ですがエロネタありのコメディです。昨今のPCゲーム衰退の事情もあり、残ってるユーザーの年齢層が高いのか、ライラやオラソワやニルアドなど、微エロ作品が一定の地位を築いてきています。良く言えば程よく一般受け、悪く言えば中途半端ですかね…。
何歳になっても下ネタって笑えて、自分の精神年齢の低さを痛感します。CSで下ネタを売りで出す点が挑戦的で良いと思います。


(27)オランピアソワレ
「ニルアドミラリの天秤」と同じスタッフの官能売りのオトメイト品。賛否両論の多かったニルアドの欠点がそこそこカバーされてぼちぼちの出来の作品だと思います。
回想シーンが多すぎで冷めたり、文章がたるかったり、説明が長かったり、と欠点も残りますが、舞台設定は面白かったです。設定説明に終始して恋愛がやや盛り上がりに欠けます。
超ヒエラルキーの中で振り回されたりする王道の世界観です。理不尽の多い政治に抗おうとするキャラも、振り回されるキャラも、それぞれ生き様が魅力的でした。


(28)カラーマリス
オトメイトのサスペンス物。かなり評判の良い万人向けタイトルだと思います。
サスペンス物なんで、恋愛よりも物語が重視されてるストーリー物です。
蝶毒とか、バスタフェとか、サスペンスが好きな人にオススメです。


(29)月華繚乱ロマンス
リジェット作品。ディアラバに似て、短めシチュエーションに、ダメ攻略対象のカウンセリングゲーム。女の攻略対象あり。
ヤンデレ人気も高いですが、代表的なヤンデルが居ます。


(30)トリックオワアリス
元18禁。成人向けながら、実に甘いです。
UTMや鳥マリ、赤ずきんなどのひよD作品。
Apple


(31)鳥籠のマリアージュ
元18禁。男性向けっぽい過激なシチュエーションがエロいです。多分女性向けで一番過激じゃないか…(?)ひよD作品です。


(32)黒と金の開かない鍵
元18禁。全員ヤンデレ。
女主人公が根暗で逃げ腰で、実にカッコ悪いです。
Google


(33)ダイナミックコード Liars
クズ男のバンドマンのカウンセリングゲーム。クズっぷりが良いです。人によっては地雷なので要注意。よく練られて作り込まれている事は伝わるのですが、個人的には文章が味気なくやや苦手でした。
VitaよりPCの方がエロが濃い目です。


(34)囚われのパルマ
ここからはマイナー気味の会社含めてご紹介したいと思います。オトメイト・リジェット・RED・元R18移植ばかりのリストになってしいました(^_^;)

「パルマ」は、一般ゲーム大手のカプコンがスマホ買いきりで乙女ゲームを作ったという異色作です。面会シーンを重ねて失った記憶を取り戻していきます。独自性の高い作品をお探しの方に。
公式総合


(35)死神と少女
タクヨの泣きゲー。ヤンデレ多めというか、女主人公がヤンデレ気味です。
イラストも優しく淡い感じで雰囲気のあるタイトルだと思います。号泣出来ます。


(36)大正x対称アリス
「鏡の国のアリス」モチーフのヤンデレありのカウンセリングゲーム。発売元はPrimula。
攻略制限が強いですが、シナリオ構成が良いと好評です。反面、冒頭でオチが読めると賛否両論は強い方と思います。イラストも綺麗です。内容深めの乙女ゲームです。
童話モチーフ物がお好きな方にオススメします!


(37)三国恋戦記
Daisy2の爽やか冒険モノ。三国志モチーフですが十三支より史実よりで無難なオリジナリティだと思います。絵柄がやや古めです。


(38)オズマフィア
さといさんキャラデザの「赤ずきん」がモチーフの作品。さとい作品がお好きであればオススメします。
娼館エンドがあったり、三角関係があったりと、エロ要素もあるので、それでもOKな方向きです。
発売元はPoni-PashetSY。アニメ化したりPCからVitaやSwitch 移植されたりと頑張ってると思います。


(39)絶対階級学園
Daisy2のヤンデレありのストーリー物。ドロドロのイジメとか出てくるような学園モノです。乙女ゲームには珍しく流行りの「悪役令嬢」が実際に出てきます。


(40)百花百狼
D3パブリッシャーのシリアスな泣きゲー。といっても、ディレクターは元REDの伊東愛さんなので、十三支や番乙・SRX・蝶々事件・ビルシャナなどと作風も似ています。やっぱりヤンデレが出てきます。


(41)VitaminX
D3パブリッシャーのコメディ。
リジェ岩Dが自分の会社を立ち上げる前に大ヒットさせた名作です。絵柄含めてちょっとイマドキ感がないので手を出し難いかなと思います。


(42)アラビアンズロスト
クインロゼの名作。作風がちょっと古いので手を出し難いかもしれませんが、未だにSNSではファンだという人を見かけたりします。
ハトアリがお好きな方にオススメします。

(43)アルカナ・ファミリア
少年漫画風の冒険活劇っぽいマフィア物。ショタとオジサンばかりで王道の好青年が居ない気もする。熱く爽やか度満点です!

(44)Side Kicks!
文化放送作のバスタフェロウズと同じ世界観のサスペンス物。

(45)忍び恋うつつ
オトメイトの忍者物のコメディ。誉めまくってくれて疲労時に癒される(笑)キャラゲーで金太郎飴。
全員がツン1対デレ9くらいの軽いツンデレ。美辞麗句が売りの作風。

(46)蛇香のライラ
二股が主題の作品。越え花とも類似性はありますが、女主人公が暗殺者という設定で複雑な三角関係をやや受け入れ易く作られています。二股がテーマの全年齢作品はこれ含めてこのリストでは4作品程度で珍しいと思います。オトメイトの別レーベルです。

<乙女ゲーム以外の恋愛ゲーム・紹介文>
(*番外-1)空の軌跡
感想(別ページ)

(*番外-2)ICO
感想(別ページ)

(*番外-3)シャドウハーツ
感想(別ページ)

(*番外-4)シュタインズゲート
感想(別ページ)

(*番外-5)ドラクエ5
感想(別ページ)

(*番外-6)デビルメイクライ4
感想(別ページ)

(*番外-7)FF10/FF8/FF9/FF7

(*番外-8)リトルバスターズ

(*番外-9)ラストオブアス
感想(別ページ)

(*番外-10)ファタモルガーナの館

(*番外-11)428
感想(別ページ)

(*番外-12)SIREN
感想(別ページ)

(*番外-13)フェイト

(*番外-14)rain
感想(別ページ)

(*番外-15)ペルソナ5
感想(別ページ)

(*番外-16)ペルソナ4
感想(別ページ)

(*番外-17)零
感想(別ページ)

(*番外-18)ブレスオブファイア5
感想(別ページ)

(*番外-19)ニーア・レプリカント
感想(別ページ)

(*番外-20)テイルズオブヴェスペリア
ネタバレ無しの感想(別ページ)
ネタバレ少しありの感想(別ページ)

(*番外-21)いけにえと雪のせつな
感想(別ページ)

(*番外-22)東京ザナドゥ
感想(別ページ)

(*番外-23)十三騎兵防衛圏
(*番外-24)ひぐらしの鳴く頃に


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

  • メイン素材: 素材構成比情報なし
  • 素材構成: 素材構成比情報なし
  • NIKE ナイキ ウェア ファッション ブランド

商品の説明

"span"商品詳細 ブランド NIKE ナイキ 商品名 Nike Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School
ナイキ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール 商品状態 新品未使用・並行輸入品(USサイズ) カラー Smoke Grey/Game Royal/Volt 素材 ポリエステル ナイキ ボーイズ(Big Kids) サイズ表 サイズ XS S M L XL チェスト 64.5-66cm 66-69cm 69-75cm 75-81.5cm 81.5-88.5cm ウエスト 59.5-61.5cm 61.5-65cm 65-69cm 69-72.5cm 72.5-75.5cm ヒップ 68.5-71cm 71-74.5cm 74.5-79.5cm 79.5-84.5cm 84.5-89.5cm 身長 122-128cm 128-137cm 137-147cm 147-158cm 158-170cm こちらは着用のする身体の目安となります。
商品サイズではございませんのでご注意下さい。 商品説明 スニーカー、スポーツウェアなどスポーツ関連の製品を取り扱う世界的企業。
ジョーダン、エアフォースワンなど人気の商品を多数販売し
ワッフルソール、AIR、ルナロンなど独自のテクノロジーで
カジュアルからスポーツまであらゆるシーンで愛用されています。
テクノロジー
・Dri-FIT
高性能なマイクロファイバーポリエステル素材から作られ、
スポーツ、運動などで出た汗を素早く素材の方面に逃し、蒸発させ、
常に肌をドライで快適な状態に保ちます。

乙女ゲーム「蝶毒」のレビューです。
元々PC版が好きだったのですが、Switch版も遊んでみました。
そこまで劇的に変わらないですが、絵が綺麗になってる感じはしました!追加も良かったです^ ^

このゲームは元R18の作品で、女性向けR18としては「好きなゲーム1位」に挙げるコア層が最も多いであろう名作です。(総プレイヤー数はおそらく越花の方が多い?2大大作と言っても良いかとっ)。
サスペンス風のストーリーは萌え以外に普通に読み応えがありますし、真相含め全体構成が好評です。真相キャラもCSにはなかなか無いレベルに濃い複雑な性格になっていますので、そこが長年の間コアなファンを維持している理由かなと思います。基本のストーリーが良いので大人シーンをカットした移植版でも乙女ゲームとして充分楽しめる作品だと思います!

【ハードによる違い】
・PC版は、R18なので大人向けシーンが多々あります。
・Switch版はイベントにスチルが追加されています。ドラマCDにイラストが追加されてゲームに入ってます。大人向けシーンは暗転になっています。

【シリーズ展開】
・PC版にはFDがあります。かなり濃くてエッチぃお話です。

【作品レビュー】
◯主人公が熱く根性ある性格
乙ゲの中でも、主人公の好感度は高い方だと思います(一個人の主観)。お嬢様でワガママな部分もあるんですけど、家庭の事情や時代なんかに振り回されてる中で、とにかく健気で恋愛に関しても生き様もガッツがある性格が人気の理由と思っています。
私はこの主人公のガッツのある部分で感情移入出来たところが一番面白かったです!
根っ子は世間知らずのお嬢様でチヤホヤされてる普通の女の子なんですが、いざ窮地に立たされた時に、めっちゃポジティブで本領発揮してきたり実は肝が座ってる所が好きです^_^

◯和風のイラストが美麗
女性向けPCゲームの中でもイラストが人気な方と思います。

◯人気作家の文章力
乙女ゲームで人気のライターさんは数いらっしゃいますが、この人は文庫も数多く売れている作家さんなので、本当にファンがしっかりついているお方と思います。

◯キャラクターが魅力的
いろんなキャラがバランスよく居て魅力的だと思います。変態っぽいキャラとかクセの強いキャラも居て、真相に絡んできたり、ずっと一途に主人公の事を想ってくれていたけど障害があったり…様々なキャラが居ます。好みかどうかはさておき、オリジナリティも感じやすいと思います。風変わりな攻略キャラが多いので「全員萌えに萌えたっ」、というより「いやー、こんなキャラ他に居ないわー、笑うわー」みたいなキャラも居ますw

◯謎を追うストーリーが読み応えがある
真相があるタイプのストーリーです。誰が犯人なのか考えるのも、面白いと思います!
犯人が分かってからのボリュームも大きく、その意味でも金太郎飴っぽさが低くて、攻略キャラを変えても続けて楽しみやすかったです。

【おすすめ攻略順】
攻略制限あるキャラもそんなに多い方ではないので、好きにプレイして問題ないと思います。
私は下記の順でした。
斯波→秀雄→藤田→→端人→ノーマル→真島

【キャラクター感想】
◯斯波
自分勝手でワガママそうに見えますが漢気があるかっこいいキャラです。
第一印象は最悪だけど、実は良い男過ぎて、最終的にはギャップでメロメロにやられてしまうタイプかも(笑)

◯秀雄
幼馴染の堅物の軍人。ウブな一面があり可愛らしいです。
けっこうムッツリというか、感情を秘める所があるので、幸せな時の不器用に優しい所も良いんですけど、不幸な時の陰湿になってくる所が……いいんですよっ!

◯藤田
変態です(笑)キョーレツなキャラです!
藤田と言えば、お馬さん。
お馬さんと言えば、藤田。
とにかく他のゲームには居ない個性がきっと一生忘れられないレベルになると思います(爆)。

◯端人
色っぽいお兄様。中性的な遊び人です。エッロいです。
病んでるというか、単にモラルが壊れているだけなのか、そもそも原因は何なのか…とかプレイ後も悶々と考えちゃった位、艶っぽくてドキドキしました(//∇//)

◯真島
幼馴染の使用人。身分差がありなかなか恋愛モードにならないので、攻略しがいがあります。カッコ良過ぎて言葉に出来ません。
まじまじ好きです。
おおおおー、泣けるーっ!
このルートは主人公がしっかり恋をしている事が伝わってくる点が本当に好きです。主人公がDDっぽくない乙ゲは珍しくて、そこが浸れて良いです。

【総評】
総合…◎
・ストーリー◎
・糖度◎
・キャラ◯
・主人公◎
・イラスト◎
・音楽◯
・システム◯
・ゲーム性△
・読み易さ◯

<ストーリー>:ストーリーは元R18最高峰レベルと思います!(信者乙)。別に乙女要素が無くても、女性向けサスペンスというだけで楽しめたと思います。

<糖度>:糖度は元R18だけあってキスだけでも描写は濃厚ですし、愛の囁きも豊富だし、その上大人っぽい進展が良いっ!といっても、サスペンスという事もありイチャイチャの表現は元R18の中ではアッサリした方かもしれません。そこまでシーンが多い方でもないかもしれませんが、エンドの数も多いので総合糖度は高いです。

<キャラクター>:攻略キャラもバリエーションが豊富ですし、単なるテンプレどおりでもなく個性的で印象深いと思いました。(シバと真島推しです)。

<主人公>:主人公のキャラも好評な方だと思います。

<イラスト>:イラストも元R18の中でも最高峰に好評と思います。スチルも各ルートで構成も変化があったりと金太郎飴感も少ないと思いました。

<音楽>:音楽はシリアスでしっとり系です。私はポップな方が好きなので音楽CDを買う程では無かったですがストーリーには合ってると思いました。

<システム>:システムは良くも悪くも無いです。選択肢ジャンプがありますし、シーン再生もしやすいです。エンドの数が多いので攻略をネタバレしないと何周もしてかなりのプレイ時間になると思います。

<ゲーム性>:好感度確認などの機能は無く攻略方法は考察し難いのでゲーム性としてはややイマイチかなと思いました。PCだと低スペックでもぬるぬる動き、Switchにおいても動作は良好でした。

<読み易さ>:文章は流石は人気作家というところでしょうか。適宜コミカル、適宜シリアスで読み易い方と思います。サスペンスですのでドロドロな暗い描写は多めで序盤はややダレましたが、中盤にはハマり始めていて、個別ルートは楽しんで読めました。




*バスタフェロウズ攻略方法
*バスタフェロウズ感想(ネタバレOn/Offあり)
*華アワセの感想(ネタバレ少なめ)
*華アワセ(いろは編と全編)考察と感想(ネタバレ全開)
*一般ゲーム感想まとめ


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

ラグナログ 支援育成

ぬるゲーマーのすすめ
支援プリ
*狩場別・PT別で支援考察(2007)
*支援プリ育成(2007)
*支援廃プリ育成(トール以後)(2010)
支援アクビ
*ニヨPTで支援ABの育成・ステ(2013)
*支援ABのスキル(2013)
*アコプリ最短転職育成(2013)
支援アクビのソロ
*支援ジュデックスのススメ(2013)
*RR後の低レベル狩場(2013)
支援ジュデックス型育成
*お手ごろ装備(2013)
*ステータス・育成タイプ(2014)
*スキル構成(2014)
*武器火力(2014)
*審判の靴(2014)
サブキャラ育成
*弓手育成(養殖)(2013)

マンガ感想&ネタバレ

★ぼくの地球を守って
(1), (2), (3), (4), (5)
(6), (7), (8), (9), (10), (11)
★ぼくは地球と歌う
1巻, 9話
★東京喰種-トーキョーグール-:Re  1話

ゲーム感想・おすすめ

*メタスコアランキング
上からオススメ順。主観多々
世界観重視,厨二ファンタジー,
美男美女,癒し系,協力ゲーム好き

【個人的な神作品】
*ICO(ADV,PS2等)
*風ノ旅ビト(ADV,PS3)
*Demons&DarkSouls(Act,PS3)
*DarkSouls2(Act.RPG,PS3等)
*Bloodborne(ARPG,PS4)
*ワンダと巨像(ADV,PS2等)
*rain(ADV,PS3)
*428(ADV,PSP等)
*シュタインズゲート(ADV,PS3)
*空の軌跡,零の軌跡(RPG,PC等)
*ジルオール(RPG,PS2等)
*幻想水滸伝1-3(RPG,PS等)
*シャドウハーツ1&2(RPG,PS2)
*月下の夜想曲(Act,PS等)
*Ysシリーズ(ARPG,Vita等)
*Ys8(ARPG,Vita等)
*逆転裁判(ADV,DS等)
*キングダムハーツ(RPG,PS2)
*ラストオブアス(TPS,PS3)
*GTAシリーズ(TPS,PS3,ceroZ)
*ウィッチャー3(RPG,PS4,Z)
*スプラトゥーン(TPS,WiiU)
*華アワセ(乙ゲ,PC)

【個人的な秀作】
*DOOM(FPS,PC)
*FF5(RPG,SF)
*DQ5(RPG,SF)
*モンハン2G(Act,PSP)
*IQ(パズル,PS)
*TRICK&LOGIC(ADV,PSP)
*デビルメイクライ4(Act,PS3)
*ドラゴンズドグマ(RPG,PS3)
*エルダースクロール(RPG,PS3,Z)
*マインクラフト(工作,PS3等)
*アサシンクリード(Act,PS3,Z)
*アンチャーテッド(TPS,PS3)
*零~zero~(ADV,PS2)
*零~濡鴉の巫女~(ADV,WiiU)
*SIREN(Act,PS2等)
*ぐるみん(Act,PSP&PC)
*ダンガンロンパ1&2(ADV,PSP)
*プロジェクトディーバ(音楽,etc)
*龍が如く4(ADV,PS3)
*東方・紅魔城伝説2(Act,PC)
*式神の城(Stg,PS2)
*ペルソナ4(RPG,PS2等)
*大神(RPG,Wii等)
*ニーア・レプリカント(RPG,PS3)
*メタルギアソリッド(Act,PS等)

*2016年発売日表
*2015年E3PV集

ゲーム感想

【個人的な惜作】
*閃の軌跡Ⅱ,,③感想,,⑤キャラ,,,⑧クリア後の解釈(RPG,PS3)
*フラジール(ADV,Wii)
*絶対絶望少女(Act,Vita)
*ジルオールゼロ(Act,PS3)
*ブレスオブファイヤ5(RPG,PS2)
*ドラッグドラグーン3(RPG,PS3)
*エスカのアトリエ(RPG,PS3)
*FF13-3R(RPG,PS3)
*テイルズヴェスペリア②感想(RPG,PS3)
*Tree of Savior(ARPG,ネット)
*ECO(RPG,ネット)
*タルタロス(ARPG,ネット)
*歴史物(小説・漫画)

独自性、戦闘操作性、快適か
ストーリー、キャラ、デザイン
音楽、画質、難易度で評価

ゲーム日記

★シャドウバース
冥府エルフ
ロイヤル

★任天堂ゲームの感想
*スプラトゥーンの日記
S以上・96凸ギア立ち回り戦略
おすすめ武器
C-, C, C+, B-, B, B+, A-, A
マップざっくり考察

★ファルコムゲームの感想
*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想

*東京ザナドゥの日記
1話, 2話, 3話, 4話, 5話,
幕間, 6話, 7話, 最終話
クリア後の感想

*閃の軌跡Ⅱ
*,,③クリア後レヴュー,,
⑤キャラ,,,⑧クリア後の解釈

*その他
*空の軌跡,零の軌跡
*Ysシリーズ
*ぐるみん

★スクエニのゲームの感想
*いけにえと雪のセツナ
(1), (2), (3), (4), (5)
クリア後の感想
Amazon工作疑惑

★LOL
*初心者向けオススメ動画
*レーンごとオススメ
*アーリ
*アニー
*フォーチュン
*導入ガイド

最新記事

(11/14)
(07/21)
(07/06)
(06/21)
(06/09)
(06/05)
(10/04)
(03/26)
(12/01)
(03/13)
(01/14)
25 booklets Elements エレメンツ Ultra Thin Rice Rolling Papers 70mm Single Wide Double Pack エレメンツ レギュラーサイズ ローリングペーパー ライス製 シングルワイド 100枚×25冊セット(1箱) [並行輸入品]福井金属工芸 セフティワイヤー自在 小 径1.0mm 1.5m S-1101QI LE XIANGBAO 高い適合性 鈴木DL、1000V-ストロムVstrom 2017から2019 WindscrenブラケットマウントスマートフォンGPSホルダーナビゲーションブラケット用 オートバイ部品 (Color : Silver phone holder)ZSQAW Autum Winter Knitwear Lapel Mensカーディガンセーターカジュアルコートジャケット男性服 (Color : Gray, Size : S code)☆パワーストーンビーズに最適☆アクセサリーパーツ・ナイロンコートワイヤー【0.4mm】・ブラック〈1m〉デスクライト 寮の読み取りランプのためのユニバーサル折りたたみテーブルランプタッチコントロールの調光可能なUSB充電アイ保護デスクランプ (Body Color : White)粉骨サービス/送骨キットもお送りします/分骨・手元供養・ご散骨に (6~8寸)/粉骨したお遺骨は水溶性紙梱包して真空パックしてお戻しいたします【自宅保管のお遺骨粉骨サービス】屋外5年カッティング用シート220mm×5m 黒 艶消し(マットブラック)
シリコーンフォンダン型、動物用シリコーンケーキ型、チョコレート用3D DIYペストリーベーキング型、シュガークラフト、トッパー、キャンディー YahedeSealed Air Instapak Quick RT #40 ヘビーデューティー 拡張可能フォームバッグ 12インチx12インチx12インチボックス用 112枚入り 拡張可能なフォームパッケージバッグ 配送ボックス用 18インチx24インチドッキングステーション マイクインターフェースあり アダプタ マルチポート 接続 在宅勤務 出張 充電(黒)[ルクス] バケツ型キャンバスワンショルダーバッグ vnsb-9z015z-00sSoarmax UVカット 帽子 ウイルス予防 保護帽子 飛沫防止 防塵帽子 取り外し可能 目、口鼻の保護 紫外線対策 花粉症対策 熱中症予防軽量 便利 折りたたみ水フィルター、水族館フィルター、水族館の魚用品水族館浄水器フィルター活性化カーボンストレーナーは臭い水槽用品を根絶しますT TOOYFUL ファッションスワンフォークベースホルダー6スプーンアロイテーブルウェアウェアラブルキッチン結婚式のサラダの装飾を楽しんでピクニック、家族または友人の贈り物 - シルバー1Pcs New C200H-TC001 C200Htc001 Temp. Controller
(01/12)
(01/05)
(01/05)
(12/17)

支援(・∀・)スキーによる雑記


(*´▽`)_旦ちゃ~
最近はジュデックス…
ソウルシリーズ・フロムゲーに関しては 姉妹で情報収集をしています。

姉:さきちゃ
RPG好き。特に支援職が好き。
好きなキャラは、エアリス。

妹:ヨルタ
モンハン世代。
ICOでゲームにハマる。
反射神経はないけど、 探索ゲー・雰囲気ゲーが好き。

カウンター

忍者RSS

リンク

ソウルシリーズ

ラグナロクオンライン

他の作品も

Copyright ©  -- ダクソ攻略メモ*よるた* --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]

[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]:私たちのライターや編集者は、どの企業が私たちのビジネスチームと提携関係にあるかを認識したり影響を受けたりすることはありません。 【正規販売店】,激安価格の,【sale/96%off】[ナイキ] ボーイズ ドミネート GFX ショーツ - ボーイズ グレード スクール Boys Dominate GFX Shorts - Boys' Grade School Smoke Grey Game Royal Volt [並行輸入品]